スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春休み

Category : 未分類
アーリントン・ハウス

暫く休みます
なかなか追いつきません。。。


↑ 写真は 再開したときのテーマ  ー  自分への課題としてアップしました




スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

ジェイムスタウン400年アニバーサリー・・・・・その1

Category : 未分類
12日、土曜日、待ちに待った催し物があって出かけて来ました。
「アメリカ400周年アニバーサリー」

P5120230.jpg

快晴ですが、 気温も28度くらいはあったでしょうか・・・蒸し暑かったの何のって!
この日、 雷雨注意報が出ていましたが傘はセキュリティー上持込み禁止!

一般の車も通行止めになっていて側まで乗り入り出来ません。
チケットと一緒に指定された駐車場の案内書が同封されていてそこから送迎バスが、
との事でしたがなんとそれはスクールバスでしたよ~!

IMG_8720.jpg

普段なら娘のいる大学から車で10分くらいという近さで行ける距離なのでタカをくくって
朝ユックリ出かけたのが大間違い、
セキュリティーが厳しく会場に到着した時までに既にお昼になってました。

P5120186.jpg

お腹ペコペコの夫、 腹が空いては戦は出来ぬ、
とばかり、 屋台のひとつに並ぼうとしましたが
長蛇の列~!
しかも現金は受け付けない、
と言うじゃないですかぁ!
スクリプトと呼ばれる偽札を買うのに両替所が用意されてましたが、
ここにも長~い列が~~。

P5120216.jpg

それでも熱い陽射しの中真っ赤な顔をしてアニバーサリー故に文句も言わず皆さん我慢してる様でした・・・

P5120215.jpg

私たちの選んだテントは、 ネイティブ・アメリカンフード・・・
先住民に熱を上げてる所為じゃあなくて、
一番列が短かったもので・・・

P5120217.jpg


炎天下の中で番を待つこと、 20分~プラス・・・
4~5テント並んでいる側の大型テントが食堂代わり。

P5120220.jpg

今日のランチ・・・メキシコ風ピザ。
トッピングの下は揚げパンの様でしたが
この日はかなり歩いた所為か消化してしまいました~~

因みに・・・
ビールなどアルコール飲料を飲みたい人は
黄色い腕輪を求めなければなりません~~。
また例の両替所で長い列に加わらねば喉には通らないことになりま~す。

P5120200.jpg

オーケストラやコーラス、 手品などを見せるテントが広大な会場に点々と・・・。

テントの中では・・・



服の仕立て人が当時の服装を紹介してたり・・・

この女性は当時の子供の遊戯玩具のデモンストレーションを・・・
よく見ると、ケンダマの様でした・・・

そうそう・・・この女性を私とお間違えになった様ですが、
残念ながら私ではありませんでした~~。
こんなに色が白かったら嬉しかったのに~~

P000005120175.jpg


このテントの中では黒人、 女性、 先住民など、 マイノリティーで歴史に名を残した人達の展示が・・・

P5120199.jpg

その他、ブルーグラスやR  &  B、・・・
そうそうシャカ・カーンのコンサートも夜に開かれるそうです。
花火もあるのにこの日私たちは用があって6時には会場を去らなければなりませんでした・・・

続きます・・・

ハッピー・バースデー、ミスター・プレジデント

Category : 未分類

二月十二日は十六代目大統領リンカーンのお誕生日でした!


lincoln.statue300.jpg


(上は首府ワシントンDCにある有名なリンカーンの坐像ですね。)


lincolnmemorial300.jpg


そしてその像が見られるリンカーン記念館です。(クリックしてみて下さい。ウィキペディアに繋がります。)


さて、舞台は変わって・・・バージニア、しかもリッチモンドへ帰りましょ。


「リンカーン? ケンタッキーの丸太小屋で誕生したんじゃないの?
バージニアとどんな関係が?」

・・・と疑問に思われる方のために先ずこの写真を貼りました。

ご覧下さい。

バージニアどころか当地リッチモンドとのつながりを示す証拠写真です ・・・ (笑)。


lincoln1.jpg



それでも?という方の為に夫に横に座ってもらいました・・・ (笑)

大統領を挟んで右側が夫、当然ですが・・・・。 
そして左はリンカーンの子息、タッド君ですよ。



lincoln160.jpg



リッチモンドに父子で訪問したのは、1865年4月4日、タッド君の12歳の誕生日。



(そして、ストラットフォード・プランテーションくどくしつこくご紹介したリー将軍が北軍に降服したのはさらにその5日前のことでした。)



それを記念して2003年4月に建てられたこの像はアメリカン・シビル・ワー・センターにあります。

南北戦争資料館とでも申しましょうか・・・



lincoln958.jpg



この建物は戦時中、大砲や銃を製造していたトレッドガー製鉄所を改造して造られてます。


「1865年4月3日には南部連邦国の首都リッチモンドが陥落した。9日にはリーが降伏し、南北戦争は事実上終了した。」
ウィキペディアに記載されていますが、落城した日の翌日、タッド君を伴ってリンカーン大統領はリッチモンド市内に姿を現せてます。


何と、首府ワシントンDCに戻りフォード・シアターで凶弾に倒れる僅か10日前の事だったんだそうですよ!



トレッドガー資料館を後にして橋が架かってますがその下には運河が走っています。
運河についてはまたいずれお喋りする事にして、橋を渡ってみましょう・・・




lincoln927.jpg



すると・・・・ジェイムス河が目の前に~~~。



linclon3885.jpg



リンカーン大統領父子は船でこのジェイムス河に着き戦禍を被った市内を視察して回ったそうです。


トレッドガー製鉄所などで労働に就いていた多くの黒人達は1963年に奴隷解放宣言をしたリンカーンを一目見ようと大変な騒ぎだったと言われてます。




lincoln900.jpg



その時の様子がこんな風に表示されてました~~~。



lincoln904.jpg


シルクハットをかぶったリンカーンの姿も見えますねぇ。


lincoln905.jpg




南北戦争中の4000の戦いのうち、過半数の2200がバージニア州内で戦われた、と云われてます。


「風とともに去りぬ」でアトランタの焼け落ちるシーンを覚えてる方もおいでだと思いますけど、この絵でお分かりの様にリッチモンドも焦土と化していきました。




lincoln909.jpg



橋板にはリッチモンドでの奴隷に対するリンカーン大統領によるスピーチが彫りつけられていました。


”You are free - free as air.
You can cast off the name of slave and trample upon it;
it will come to you no more.”




ところで皆さんは映画俳優のトム・ハンクスをご存知ですよね。


そしてトム・ハンクスがリンカーン大統領の実母、ナンシー・ハンクスの末裔だと言う事も~~。


このナンシーさんは当時のバージニア (現在はウエストバージニアになってますが) にお生まれだそうですよ~~。


今日はいかにリンカーン大統領とバージニアとの関係が深いかを私なりに一生懸命にご説明申し上げました~~。


~~~~~


Copyrights(c)mashhp 2006 All Rights Reserved

写真の無断転用を固くお断りします。




~~~~~




一人でも多くの人に知っていただく為にも、クリックお願い!
fc2blogranking.gif

人気blogランキングへ参加してます。クリックお願いします。

ninkibanner.gif

プロフィール

梓の小鳥

Author:梓の小鳥
別名: Azky

バージニアとその先住民やいにしえの人々の事を綴ってます。


管理人のブログ
『ジェイムス河畔の街にて』

はバージニア紹介ブログです。 

コメント、ご意見、ご感想は其方へお願いします♪



そしてHP,

「バージニアのポカホンタス」 

「いにしえのバージニアン達」
 にもどうぞお立ち寄りくださいね ♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。