スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年初めのご挨拶

Category : ウィリアムスバーグ
Colonial Williamsburg09



   


今年も 地味ながら 月に1~2度は 更新したいと思ってますので

どうぞ また お立ち寄りください。


本年もどうぞ宜しく~♪




スポンサーサイト

テーマ : ごあいさつ
ジャンル : その他

英領植民地内の弾薬庫 -2

Category : ウィリアムスバーグ
☆~健康上の理由で 今  当ブログは梓の小鳥の忘備録とし
コメント欄は閉じさせて頂く事にしております~☆





0171.jpg




首都がリッチモンドに移ってからの この倉庫は・・・

市場 → バプテスト教徒の集会所 → 南軍の武器庫 →
厩などに使われ  1889年には火災にあい  
現在の建物は1949年に復元されたものです。



    


首都がウィリアムスバーグからリッチモンドへ移る前の時代に
少し戻ってみましょう。


    


ボストンでは英国植民地政策に反対して茶会事件が起きてますが
バージニア植民地でも英国からの独立の気運は 高まる一方でした。
 そんな中 1775年 パトリック・ヘンリーは リッチモンド
の教会で名演説をうって 英国からの独立を民衆に訴えたりしています。


英領バージニア総督ダンモア卿は 不穏な動きを察し同倉庫の鍵を部下に
渡し 倉庫内の弾薬を盗ませ 密かに付近のヨーク河に停泊中の英国船に
移送命令を出すのですが、 その倉が この武器弾薬庫だった、 というわけです。


因みに・・・  市民の抗議に対し ダンモアは奴隷の反乱を
避けるためだと弁明するものの 信用と人気を失って行ったといいます。


追い討ちをかけるように グレートブリッジの戦いと呼ばれる戦闘で 
ジョージ・ワシントンが率いる大陸軍が ダンモア卿をはじめ 英国等を排除するなど
勝利をおさめ バージニアにおける英国支配は終わりを告げることになりました。



0166.jpg



余談ですが ・・・ 同卿は 先住民との戦い
ダンモア卿の戦い』 でも知られている総督でした。


独立まで 実にさまざまな事が あったのですねぇ。



テーマ : 史跡
ジャンル : 学問・文化・芸術

タールと羽の刑

Category : ウィリアムスバーグ
1773年に母国、 英国政府の制定した茶条例による紅茶課税に
反発した植民地の人たちがボストンで茶会事件を起こしてますが
植民地内の英国支持者なども 他の植民地人たちは広場に
引っ張り出しては 熱いタールを浴びせかけたり塗りつけたりした後 
鳥の羽をかぶせたりなどして 懲らしめたそうです。



0111.jpg



バージニア・コロニー (植民地) ではどうだったかというと・・・
矢張り タール入りの樽と 羽毛の詰った袋を高く掲げて 警告を
与えていた様です。  現在でも コロニアル・ウィリアムスバーグ
グロスター卿通りに それがご覧の通り 再現されています~。



0112.jpg


こういう罰し方は ヨーロッパでは 12世紀の頃から記録されてる様です。
英語ですが その様子が絵で見られますので 
興味のおありの方は こちら をどうぞ ♪


テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

梓の小鳥

Author:梓の小鳥
別名: Azky

バージニアとその先住民やいにしえの人々の事を綴ってます。


管理人のブログ
『ジェイムス河畔の街にて』

はバージニア紹介ブログです。 

コメント、ご意見、ご感想は其方へお願いします♪



そしてHP,

「バージニアのポカホンタス」 

「いにしえのバージニアン達」
 にもどうぞお立ち寄りくださいね ♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。