コロンブスの日

Category : いにしえ

カーソルを当ててみてください。 写真が変わります。




12日は コロンブス・デーです。

というわけで この在庫写真を引っ張り出しました (笑)。
首都、 ワシントンDCの セントラル・ステーションに行ってみた時に
(その時の記事はこちら) 駅前広場に立っていた像、  
いつかブログに役立つかも、 と思い パチリ、 と撮影しておいた
ものが やっと陽の目を見たというわけ・・・(笑)

一部で非難の声があがってるこの祝日、 一体どういう経過を辿ったのだろう
と ネットで この際 調べてみましたら、  こちらのサイト 
に英語ですが 詳しく書かれてました。

それに依ると・・・

1792年、 コロンブスの名誉を称え 
同時にバハマ上陸300年を記念する祝賀会が
ニューヨークで催されたのが始まりで、 

1866年、 1869年に それぞれ ニューヨーク、 サンフランシスコ
の両市で イタリア系アメリカ人のコミュニティーで 
アメリカ発見!を祝った。

さらに 1892年になって 時の大統領 ベンジャミン・ハリソン
(テクムセの呪い, で悪名高い?祖父のウィリアム・ハリソンは
バージニア出身、生家見学の記事は こちら
がコロンブスの航海400周年記念公布を行い、

1905年には コロラド州が全米で初めて  『コロンブスの日』 を設定。

そして 1937年、 フランクリン・ルーズベルト大統領が
10月12日を祝日と宣言、 1971年に 下院が それを
毎10月の第二月曜をする様になった、  ということですが・・・




0589.jpg




コロンブスをはじめ スペイン、 ポルトガル、 オランダ、 イギリス・・・
欧州諸国にとっては 祝福すべき こうした一連の航海・冒険も
『発見』・占領・領地化された先住民にとっては 
苦悩の始まりだったわけですね。。。

前回 たまたま ガレオン船のことを 書きましたが、 
コロンブスの船、 「サンタ・マリア』 号のレプリカの写真が 
こちら のサイトに載ってました。 
↑  宜しかったら クリック を。






テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

プロフィール

梓の小鳥

Author:梓の小鳥
アメリカ人なら歴史教科書に載ってる人名や地名でお馴染みだと思いますが 授業では多分教えられてない 秘話、裏話、こぼれ話を調べ集めたブログです
✩~✩
放置して早や六年
その間 HPも意志に反して消滅してしまいました
細々ながら再始を決めました。
あらためて宜しくお願いします

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク