スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポカホンタス・パークウェーの不思議

Category : パウワタン
夏も終わりかけている、というのに怪談でもあるまいが・・

数年前に開通したハイウエー、 「ポカホンタス・パークウエー」  に怪しげなことが起きている、という。
本当は怖がり屋の私は、こんな話は書きたくはないのだが、バージニア先住民関係の話題を追う目的で始めたブログ、読んで下さる方へ使命感と責任感 (!?) に燃える私としてはご報告せざるを得ない。

この 「ポカホンタス・パークウエー」 はリッチモンド市の南岸、チェスターフィールド郡と、同市を挟んで東西に位置するヘンライコ郡を結ぶ10キロ足らずのハイウエーである。

もともとこの一帯は、先住民パウワタンの人々の村落があったという。死者を埋葬した塚なども発見されているらしい。

その上に建設されたこのハイウエーを走るトラックの運転手やハイウエー・パトロールの警官などが異様なうめき声を聞いたり、松明を片手にして馬で走り抜ける先住民を見かけたり、と云ったレポートがなされている、とか。

何だか薄気味の悪い話ではあるが、図書館から借りてきて読んでいるバージニア先住民関係の本に書き込まれている悪戯書き    -著者であるインディアン研究の歴史学者を罵倒-   に心痛めている私には、未だ先住民への過去の行為に対し認識も謝罪の念も持たない人たちには 「良い薬」 だという気がする。

参考文献:www.wtvr.com

(写真は  www.pocahontasparkway.com  からお借りしました。)
Copyrights(C) mamsh 2006-2010 All Rights Reserved





一人でも多くの人に知っていただく為にも、クリックお願いします!
fc2blogranking.gif

人気blogランキングへ参加してます。クリックしてくださいね。

ninkibanner.gif


pparkway2.jpg

スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

パウワタンのケープ

Category : パウワタン
powhatan.mantle.jpg

友人の見たというケープ。

ポカホンタスの父、「バージニアの王」パウワタン(ワハンソナコック)の物とレベルを貼られているそうだが、確証は出来ないようである。

鹿皮貝細工を施してあるこのケープは、パウワタン級の大酋長でなくとも各部族首長クラスでも所有出来た、とも見られている。

また、衣服としてよりむしろ神社の壁にかける装飾としてみるむきもあるようだ。祭事用ということかしら・・

ジェイムスタウンのビジターセンターに複製展示されているそうだ。

灯台元暮らし、である。

この件に関してはもう少し詳しく調べてみたいので何か新しいことが判り次第アップデートすることにしよう。

参考文献:アッシュモレアン博物館
http://www.ashmol.ox.ac.uk/ash/exhibitions/exh087.html より写真を拝借
Copyrights(C) mamsh 2006-2010 All Rights Reserved

(ジオログ 「風に吹かれてバージニア」から「「ポカホンタスの故郷にて」より引越し中です。従って内容はコピーしました。)


一人でも多くの人に知っていただく為にも、クリックお願い!
fc2blogranking.gif

人気blogランキングへ参加してます。押してくださいね。

ninkibanner.gif


テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

友人からの便り

Category : パウワタン
英国に住む友人がオックスフォード大学アッシュモレアン博物館にポカホンタスの父、ワホンソナコック (通称、パウワタン)の着用したケープが保存されていると知らせてくれた。

1611-2年にポカホンタスなどバージニア先住民の一行が英国を訪問した際に当時の英国王献上されたものであろうか?

私のジオログはホームページ「バージニアのポカホンタス」から入室された方はご存知、と思いますが、主にバージニア先住民関係の雑文です。

素人ですので、間違いもあるかと思いますが、お気づきの方はどうぞお教えくださいませね。お手柔らかに・・

なお、写真はリッチモンドの近郊、ショートパンプのモールに立つポカホンタスの実父、通称パウワタン (ワハンソナコック)です。

詳細は 当ホームページ、「バージニアのポカホンタス」を。

(この文は 私のジオログ、「風に吹かれてバージニア」のコピーです。ジオログからブログに引越し・・・更に、コメントの不都合によりFC2ブログに移動しつつあります。)


spmall2.jpg





一人でも多くの人に知っていただく為にも、クリックお願い!
fc2blogranking.gif

人気blogランキングへ参加してます。押してくださいね。

ninkibanner.gif



テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

梓の小鳥

Author:梓の小鳥
別名: Azky

バージニアとその先住民やいにしえの人々の事を綴ってます。


管理人のブログ
『ジェイムス河畔の街にて』

はバージニア紹介ブログです。 

コメント、ご意見、ご感想は其方へお願いします♪



そしてHP,

「バージニアのポカホンタス」 

「いにしえのバージニアン達」
 にもどうぞお立ち寄りくださいね ♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。