スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェイムスタウン400年アニバーサリー・・・その3

Category : ジェイムスタウン
またまた、ジェイムスタウンの話題~~
これも最終回ですので宜しくお付き合いくださいね

IMG_8748.jpg

前回お見せした埠頭や先住民の部落に入る前に
映画などを見せるギャラリーがあって・・・

IMG_8703.jpg

その背後には先回ご紹介した三隻の船が停泊する埠頭や先住民の村落・・・

そして、移住者たちの住居が柵に囲まれた砦になっていて・・・・・・

IMG_8842.jpg

中には当時の衣装を身に着けたボランティア (多分?) の人達が見学者達を迎えてくれます

IMG_8840.jpg

女王おでましの際は、
元連邦最高裁判所判事のサンドラ・デイ・オコナー氏 が歓迎の言葉を・・・



下は50年前にジェイムスタウンにいらしたエリザベス女王・・・

IMG_8613.jpg

お若かったんですねぇ。
「時」 って本当に残酷~~(苦笑)
女王様だって時計をお止めになる事は不可能とお見受けします~~

IMG_8612.jpg

初めは探検だけが目的だった様で男性ばかり・・・
女性達がこのジェイムスタウンにやって来たのは
翌年の1608年だったと言われてます。



笑顔でポーズを作ってくれました~~

IMG0008853.jpg

見学者達にとてもフレンドリーな 「定住民さん」 達・・・

IMG_8836.jpg

1607年に到着した英国人達は、 「疫病」 「飢餓」
に苦しんだと伝えられてます・・・

400年後・・・

失礼! 私って意地悪ですねぇ!

IMG_8843.jpg

「こんなの着せられちゃって俺達 エルトン・ジョンか~?!」
なぁんて文句は出なかったんでしょうかしらねぇ・・・



全滅しかかった植民地、ジェイムスタウンを救ったのはタバコ栽培。

品種改良をし商品としてのタバコ作りで成功した人は
ジョン・ロルフ・・・
例のポカホンタスのご主人でしたよ~。
バージニア先住民と結ばれた初の移住者だったんですね。

アニメ、ポカホンタスや映画、 ニューワールドでポカホンタスの恋人として知られてしまったジョン・スミスではありません。

詳しくは・・・とまた自己PRになってしまいますが、
ホームページをご覧下さると嬉しいです~~



列に並ぶという作業に予定がすっかり狂わされてしまい
観たいものに時間がかけらず
折角楽しみにしてたのに何となく心残りのするイベントでした・・・
何処に行こうとしても長蛇の列でしたから~~。

IMG_8833.jpg

それだけ人気を集めたという事でしょうね~。。。

スポンサーサイト

ジェイムスタウン400年アニバーサリー・・・2

Category : ジェイムスタウン
今日のお話・・・
二年前に封切られた映画、
ニューワールド
をご覧になった方にはお馴染みのシーンも出てくるかも~~?

IMG_8806.jpg

1607年、英国の民間企業、
バージニア会社が金銀を掘り当てよう、
と108人を北米大陸に送り込みます。
(この数には色々説があるようですが・・・)

彼らが辿り着いたのはチェサピーク湾内の川岸・・・・・

IMG_8805.jpg

(ゴッドスピード号、と・・・ディスカバリー号)

彼らはこの地を
時の王様ジェイムス一世に因んで
ジェイムスタウン、
川をジェイムス河と命名・・・

IMG_8815.jpg

(スーザン・コンスタンス号

これがバージニアの、
いえ・・・アメリカにおける少なくとも白人の歴史の始まり、
始まりぃ~~。

彼らを運んで来た三隻の船(はレプリカですが)
の内、スーザン・コンスタンスの船内を見学・・・

IMG0008793.jpg

150センチくらい?にしか見えない様な小さなベッドが・・・。
(あくまでもいい加減な目算で実際はきっともっと大きいと思いますが!)
当時の英国人それ程大柄の人はいなかったからこのくらいで大丈夫なんだ、と説明してるのを耳にしました。
バージニアの先住民を見た入植者たち、
彼らの体格の良さに驚いたらしいですよ。
因みに・・・
入浴する習慣があまりなかった白人たちに対して
川での水浴を毎日欠かさなかった先住民たちは
なんて臭い奴らだ、と思ったとか~~

IMG_8792.jpg

英国人がジェイムスタウンに入植して400年が過ぎ、
今年はいろいろ行事が行なわれてます・・・。
先のエリザベス女王のお出ましもその一環・・・

5月4日にジェイムスタウンご訪問の際に写してしまった
テレビの写真をまた引っぱり出します・・・

黄色の枠で囲んだのがスーザン・コンスタンス。



沿道には歓迎する人々が詰めかけて・・・。

IMG0008597.jpg

お着きになった後、
ジェイムスタウン定住地での歓迎行事にご出席・・・。

IMG_8599.jpg

女王様の後ろにケイン州知事の、そしてチェイニー副大統領は前列、女王の真横にお座りです・・・

IMG0000008570.jpg

1607年以来の歴史をひとこまづつ、
しかしながら手早くご紹介・・・

IMG0008584.jpg

(アラッ、 若しかしたら・・・
女王様の前で先住民を演じられた
先住民さん?!)

IMG0008755.jpg

皆さん揃ってポーズを作ってくれました~!

何だか野良仕事から帰って来たばかりの先住民さん、という様にも見えます~~?
当時の先住民の女性達、
狩りや魚釣り以外は何でもする
働き者だった様ですよ。
家事、育児、畑仕事から
下の写真の様なウィグワムと呼ばれる家作りまでも
彼女たちの仕事だったとか・・・。

IMG0008859.jpg

植民地は先住民の犠牲なくしては語れません・・・。
この400周年記念行事
も400年祭の「祭り」という部分にバージニア先住民からクレームがついたらしく、
フェスティバルと呼ぶのを取りやめたとか聞いてますが・・・。

アメリカ・インディアンの住居というと
ティーピー
というテントを思い浮かべる方が殆どでしょうが、
バージニアの先住民は丁度日本のゴザの様なもので囲んだ
ウィグワム
に住んでいました・・・

IMG_8753.jpg

中はひと部屋・・・
中央に囲炉裏があり真上の天井には開閉出来る小窓が。。。

IMG_8757.jpg

・・・明り取りにも煙を出す役目もしたんでしょう。



会場は二箇所に分かれていて
セトルメントと呼ばれる砦で囲まれた
定住地や埠頭のあるこの辺りと・・・
そしてもうひとつはヒストリック・ジェイムスタウン
そちらの方に行くにはバスの送迎があるんですが、
これまた長蛇の列!

そこにはもっと遺跡が残っていたり
発掘された品々が展示されていたり、
あのジョン・スミスやポカホンタスの銅像が立ってたりで、
写真に収めたくて、バスに乗って行ってみたのですが
歩き回ってると娘の到着時間に間に合わない、と気付き
なぁんにも見ないまま再び行列に並び直して
Uターンしてしまったんですよ~~

若しジョン・スミスやポカホンタスの事をお知りになりたい方は
下線を引いたと部分をクリックしてくださいね~。
私のホームページにリンクしてありますので~~。

食事、両替、バス、と先回お話した通り時間があっという間に浪費されてしまうんで気の短い私はプンプン

ジェイムスタウン記念行事のお話、
もう一回続きます。

1609年、冬のミステリー

Category : ジェイムスタウン
jbeach2.jpg

ジェイムスタウンに1607年にやって来た英国人たちは1609-1610年にかけての冬は殊更辛い冬であった。

この期間は、「飢餓の時期」と呼ばれ90%の定住民が亡くなっている。
今年日本でも上映された映画、ニューワールド でのシーンでお馴染みだと思う。

自給自足を知らず作物の植え付けを怠ったりした末の飢えと疫病によるもの、とまでは古くから知られた滅亡に瀕した植民地の背景であった。

が、病理学者、フランク・ハンコック博士は他の可能性をうち出している。
ライバル、スペイン政府による砒素毒殺ではないか、と同博士はみている。
当時生き残った人々の描写によると死亡した者達の末期症状は、鉛は水銀による急死の症状と酷似する、という。

またジェイムスタウン発掘している考古学者、ビル・キャルソー博士は、ブラック・マウス(この種のネズミはバージニアには棲息しなかった)が紛れ込んだことで当時欧州に蔓延していた疫病が入り込んだ説をたてている。

と、なればネズミ捕りに使用していた亜ヒ酸が持ち込まれたことも考えられる。

キャルソー博士は発掘した骨から死因を解明調査する予定、とPBSの記者に語っている。
ただし、水銀や砒素などは骨からは発見されない、との事で真相は謎に包まれたままとなりそうだ。

(写真はジェイムスタウン・ビーチ)

参考文献:Secrets ofthe Dead:Death at Jamestown
http://www.pbs.org/wnet/secrets/case_jamestown/clues.html
Copyrights(C) mamsh 2006-2010 All Rights Reserved


一人でも多くの人に知っていただく為にも、クリックお願い!
fc2blogranking.gif

人気blogランキングへ参加してます。押してくださいね。

ninkibanner.gif

テーマ : 不思議な出来事
ジャンル :

プロフィール

梓の小鳥

Author:梓の小鳥
別名: Azky

バージニアとその先住民やいにしえの人々の事を綴ってます。


管理人のブログ
『ジェイムス河畔の街にて』

はバージニア紹介ブログです。 

コメント、ご意見、ご感想は其方へお願いします♪



そしてHP,

「バージニアのポカホンタス」 

「いにしえのバージニアン達」
 にもどうぞお立ち寄りくださいね ♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。