スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポカホンタスの洗礼

Category : ポカホンタス
pocahont0542.jpg



ワシントンの合衆国議事堂内、 ロタンダに飾られてる絵画の中に
洗礼を受けている ポカホンタスがありました。

洗礼を受けた時期として 結婚前と後、 歴史学者の中でも
ふたつに意見が分かれる様です。

そして洗礼が行われた場所も。  私は ポカホンタスが拉致されてから 
軟禁?され 絵の中に描かれてるウィティッカー牧師によって徐々に
クリスチャンに仕上げられた (英国入植者たちのバージニアにおける第二の
定住地)、 ヘンライカス説を信じてますが、それだと この絵にある教会は
円柱らしきものもあって少々立派過ぎる気がするのです。 
 
とすると矢張り 初めの定住地、 ジェイムスタウンということになるのかしら?

ジョン・チャップマンによってこの絵が完成したのは1840年。

当時は ジェイムスタウン説が定着してたのでしょうか?


☆☆☆


ポカホンタスの右側の男性が ジョン・ロルフ。
ディズニー・アニメで ジョン・スミスだと思い込んでしまってる方には
失望させてスミマセン 




pocahontas0542.jpg



絵の右側に 先住民たちの姿も描かれてますが
見るにしのびない、 という風に背を向けてるのは ポカホンタスの
兄、 Nantequaus。  しゃがみ込んでしまってるは 叔父の
Opechankanough です。  ふたりとも ポカホンタスの父で 大酋長の
が亡くなった後 植民地人に積極的な抵抗を示す、 先住民達にとっては
いわば勇士、 といえる人物たちです。




pocahon0542.jpg



スポンサーサイト

テーマ : 歴史上の人物
ジャンル : 学問・文化・芸術

ポカホンタスの実像を求めて

Category : ポカホンタス


ポカホンタスの切手が発行されてるとブログ・フレンドの方から
お聞きしたので ネットで調べたら・・・

ヤフー・オークションのサイトに写真が載ってました!


pocahontasyahooauction08image2.jpg


拝借先の 07_arrowright_a.gif  サイトです。


ディズニーのアニメのキャラクターが切手になってたんですね!

あの映画を観た時、 随分頬骨を強調しちゃってぇ!  と受け入れるのに
だいぶ抵抗を感じたものでした。

それじゃあ、 一体本当のポカホンタスってどんなお顔をしてたんだろう・・・
って改めて気になってしまいました。

丁度、 感謝祭の日に その発祥地とされる バークレー・プランテーション
(バージニア州内) で記念イベントがあったので行って来たのですが、

その際、 先住民たちも参加して ダンスを見せてくれました~♪

その時の女の子が ポカホンタスの面影を残しているようで
思わず 写真を撮らせて貰ったんですよ。


natives1424.jpg



処刑されようとするジョン・スミスの命乞いを父にして
救出した ポカホンタスは僅か12才の時 (と推定されてます)・・・

そしてジョン・ラルフと結婚したのが 19才 (これも推測年齢)  なんです。


ヘッドバンドをしたお二人・・・横顔と後ろ姿ですが、
背の高いひとりは ミス・チカホミニー (種族の名) で、 
背の低い女の子の方はミス・ジュニア・チカホミニー。

それぞれティーンの始めと終わり (13~19才) で、 まさに
ポカホンタスの人生に一大イベントが起きていたのと同じお年頃なのです~♪



また 下の写真は バージニア歴史博物館のポカホンタス展
写して来たもので、 夫のジョン・ラルフと共に英国に到着したばかりの
ポカホンタスを描いたものだそうです。  (作者名は不明)

先ほど 推定年齢、 と書きましたが、 ポカホンタスについては
正確な生年月日の記録がなく、 この肖像画のポカホンタスは16才だと
云われてるそうです!   (情報源はこちらのサイトです。 英語ですが・・。)

英国へ渡ったのは結婚後二年してからです。
という事は・・・14才でラルフの妻になったという事になってしまいます~。


vahs6809.jpg


それにしても・・・ 肌の色は先住民の色かも知れませんが
顔立ちは まるっきり欧米人のそれですよ、 ネ。

これでは ポカホンタスの実像が浮かんで来ません。。。。。。。


テーマ : 歴史上の人物
ジャンル : 学問・文化・芸術

ヘンライカスの昔話

Category : ポカホンタス
昔、むかし、 (バージニアの) あるところにお姫さまがすんでおったとさ

5459.jpg

ある時、 親切にしてやってた異人さんの仲間に誘拐され連れて来られたこの村で

5464.jpg

異人さんの信仰を教え込まれ、 改宗なすった・・・

5480.jpg

そいでもって、 ここで知り合った別の異人さんと結ばれて

5485.jpg

異人さんのお国に行~っちゃっ~た ♪

05486.jpg

そのお国では女王さまにも謁見するなどもてはやされたそうじゃが・・・

5492.jpg

帰路につくお船の中で病にかかり亡くなってしもうたとさ


「ねェねェ、 そのお話、 ちょっとだけディズニーで観たポカホンタスのと違うね~」

「そうさなァ~、 当のお姫さまもピックリなさってるじゃろよ」

book_mov.gif

自称、 『ポカホンタス』 マニアの私、     
これまで何回か題材にしたことがあるので
今日は少々おどけて彼女に纏わる史跡のご案内をしてみました。

ポカホンタスの死によって平和が崩れ
その後白人たちの横暴に耐えられなくなった先住民たちの手によって
焼き落としてしまったこの地 『ヘンライカス』、 現在は 記念公園となっています。




宜しければ 私のホームページをクリックしてみて下さいませね kuri_1.gif


vahs6761.jpg

↑ 洗濯機のあった例のバージニア歴史博物館に展示されてました  ↓

pocahontasu6768.jpg

↑ ポカホンタス さんです


Click for Richmond, Virginia Forecast

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

ポカホンタス展

Category : ポカホンタス
リッチモンドにはバージニア・ヒストリカル・ソサエティーと云う
バージニアの歴史関係の品々を展示してる博物館があります。

vahs6759.jpg

 
1607年に英国人が定住する何千年も前から先住していた
バージニア原住民が用いた石器などが発掘されています。

vahs6854.jpg

そこでポカホンタス展が開かれてると近所の人から耳にしたので
先日
(実は、これを記事にするのが遅れ、 去年の2月の事だったのです!)
行ってみました。

一昨年の今頃でしたが-
「ポカホンタス、の事を紹介するホームページを始めたの~」、
と日本にいる友達に話し時
「可笑しな名前・・・一体何の事?」
と笑われてしまいました。

ご存じない方・・・どうぞここをクリックして拙ホームページをご覧下さいませ~。
(先住民の事は書き過ぎてるのでいい加減にして欲しい~~と思われる方もおいでの筈!)
今日はポカホンタスの事は端折らせて頂きますので~~。

vahs6760.jpg


美術館同様ここでも写真OKでしたが
フラッシュ無しには私の腕では無理だった様で
チョッと暗過ぎてよく撮れませんでした・・・

上の写真の左側に見える銅像がこれ
バージニア先住民大酋長の娘、ポカホンタスです。

pocahontasu6768.jpg

そして右側に見える絵画を拡大したのが・・・
ポカホンタスと英国人、ジョン・ラルフとの結婚を描いたのもです。

vahs6761.jpg

映画やアニメで取り上げられたので作り話の様ですが
史実であったことを改めて認識させてくれる展示品の数々でした。


テーマ : 歴史上の人物
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

梓の小鳥

Author:梓の小鳥
別名: Azky

バージニアとその先住民やいにしえの人々の事を綴ってます。


管理人のブログ
『ジェイムス河畔の街にて』

はバージニア紹介ブログです。 

コメント、ご意見、ご感想は其方へお願いします♪



そしてHP,

「バージニアのポカホンタス」 

「いにしえのバージニアン達」
 にもどうぞお立ち寄りくださいね ♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。