バージニアとリベリアをつないだロット・キャリー

Category : バージニアの黒人達の場合

バージニアのネイティブ関係のブログの中に今日から 「いにしえのバージニアの人々」 も含めて行こう、と思いますので、宜しくお願いしま~す。

                     * * *

初回の人物は・・・ロット・キャリー。

cary.jpg



(写真は Christian History Institute のウエブサイト から拝借しました。)


無名に近い人。私も知らなかったんです。この人の存在。で、結論から書いてしまいますね。彼は1780年、リッチモンドから40キロ位大西洋に寄った現在のチャールズ・シティーに奴隷として誕生してます。

charlescitymap.jpg


(チャールズ・シティーはバージニア州の東海岸寄り、リッチモンドとウィリアムスバーグの中間にあります。)

1804年、主人からリッチモンドに出稼ぎに出されたロットは自由欲しさに無我夢中で働き、しかも爪に火をともすようにして貯金に励んでます。

ところで当時、プランテーションの経営が困難になりしかし人手はあり余っている事からオーナーが奴隷達を栄え出した市内の工場などの労働者として出稼ぎに出させるようになっていました。


ロットの場合も収入は全て主人の手に入ってしまう訳ですが、彼は時間外も働き続けその熱心さと仕事ぶりに勤務先であるタバコ倉庫の管理人がお駄賃を余分にくれたりしたんだそうです。

tabaccorow.jpg


(出荷がし易いようにジェイムス川沿いにたばこ倉庫が軒を並べていたと言われるタバコ・ローと言われる地区)

彼の場合、或る意味で幸運の女神が付いていたみたい。勿論苦労はしてるけどそれが報われてるんですよ。例えば・・・

1807年からリッチモンド市内にあるファースト・バプテスト教会に入会します。

コーンウォリスがヨークタウンで降伏、独立戦争に終止符が打たれる前年の1779年に設立されたこの教会に1812年、北部州ニュージャージーから牧師がやって来るんですが、このウィリアム・クレーン牧師は黒人に理解と同情を示す人で、彼らにバイブルの他に、読み書き・算数を教授し出してるんですね。

勤勉で信仰心が厚い彼自身牧師になります。そして残業手当などの報酬を一銭も無駄にせず蓄えた850ドルで自身と妻、そして子供の自由を買い取るのです。

一方、アメリカン・コロナイゼーション協会は1820年に解放奴隷たちの移植地を西アフリカに築き上げていました。これがリベリアの始まりです。勿論原住民が存在していた訳で、歴史の繰り返しです。

liberia.watlas.com.jpg


リベリアは西アフリカにあります-

(地図は World Atlas からお借りしました。)


解放奴隷はプランテーション経営者である元主にとっては脅威だったみたいですね。19世紀初頭、黒人の総人口は二百万とか云われてます。 その内開放された自由黒人の数は二十万だったとか。叛乱を恐れたんでしょう、きっと。

同協会の会員は殆ど南部州の奴隷主だったとか・・・

ジェファーソン大統領はこの方針を1777年に既に提案してるんですね。そして初代の会長は(大統領)ジェイムス・モンローでした。だから、リベリアの首府は 「モンロ」 ビア、って云うんですって!

・・・で、ロットも牧師として、顧問として、そして医師として入植します。1822年の事でした。

当時のリビアでの彼ら黒人移民達は、捕獲しようとして虎視眈々としている白人奴隷商人や敵意を抱く原住民達からの護衛で苦悩が絶えないようでした。が、不屈のロットは、当地初の教会、プロビデンス・バプテスト教会を建設。 一時は総督の代理を務めたりの活躍をします。

liberiaflag.jpg

リベリアの国旗-

(ここでは、リベリアの不運や政治的な事は省き、ロット・キャリーの生涯だけをご紹介しています。)

・・・そして、1828年、外敵に備え銃の用意をしていた彼は思いがけない事故により僅か48才で人生の幕を降ろしました。

チャールズ・シティーには彼の栄誉を称えた標識を道端に建設、側の道路をロット・キャリーと命名しています。因みに先住民の一族、チカホミニー族はこの周辺を故郷としています。毎秋に催されるお祭り、パウワウは彼らの教会や学校のあるグラウンド (ロット・キャリー・ロード 沿いにあります!) で行われます。
Copyrights(C) mamsh 2006-2010 All Rights Reserved

(写真の無断使用をお断りします)


一人でも多くの人に知っていただく為にも、クリックお願い!
fc2blogranking.gif

人気blogランキングへ参加してます。クリックお願いします。

ninkibanner.gif







クロコダイル・ハンターとジョン・スミス

Category : ジョン・スミス
stingray4.jpg

今朝のニュースは、クロコダイル・ハンターことオーストラリアスティーブ・アーウィンの死を伝えていた。

アカエイに胸部を刺されたことが死因であるらしい。
カメラマンなどに挟み撃ちの形で取り囲まれたアカエイが逃げ道を見つけて逃走しようとした行く手を阻むように立っていたのがアーウィン氏だったようだ。

アカエイは攻撃したり邪魔をしたりしない限り人を襲ったりはしない、との事。

アーウィン氏は不運だったように思える。




アカエイは泳ぎ回るものと河口の浅瀬などの砂に半分埋もれるようにしてるのとある様だがメリーランド州からワシントン、そしてバージニア州に包囲されるように水を湛えるチェサピーク湾に棲息するのは上の写真のようなそれである。

この種のアカエイに刺された、とされるのがポカホンタスやニューワールドでお馴染みになったジョン・スミス。
1607年にバージニアに入植したスミスは、1608年の6月にオリエントへの航路を発見する命を受け13名の探検隊を組んでポトマック、ラッパハナック河を航行する  -と、この辺は 「映画ニューワールドと先住民」 で既に少し触れた通りだ。

結局目的を果たせないままチェサピーク湾、ラッパハナックの河口の浅瀬でアカエイを見つけたスミスが突き刺したアカエイからヤスを引き抜こうとして腕を刺されている。瀕死の重傷を負ったスミスだが幸いにも同船していた医師の手当てを受け一命を取り留めた。

回復後、1608年9月~1609年8月まで植民地リーダーを務めたスミスだが、火薬で負傷し帰国を余儀なくされたのは、私のホームページ、「バージニアのポカホンタス」 (http://page.freett.com/takenokonosato) で既述した通りである。

金鉱も中国やインドへの航路も発見出来なかったスミスではあるが、当時のバージニアの地図を作成したりといった功績を残している。

バージニアの土を再び踏むことのなかった彼だが、1614年には、ニューイングランド地方を訪れている。
奇しくも  -知ってか知らずか-  ポカホンタスがジョン・ラルフと結婚したのが同年であった。

(写真は両方とも、 www.mote.org から拝借しました。)

stingray.jpg

Copyrights(C) mamsh 2006-2010 All Rights Reserved





一人でも多くの人に知っていただく為にも、クリックお願い!
fc2blogranking.gif

人気blogランキングへ参加してます。クリックお願いします。

ninkibanner.gif



テーマ : びっくりした~
ジャンル : ニュース

映画 「ニューワールド」 と地元先住民

Category : ハリウッド映画、ニューワールドと史実
stingraypoint.jpg

このブログに付随しているホームページ、「バージニアのポカホンタス」 から来ていただいた方にはお馴染みのことと思うが今年上映された映画、 「ニューワールド」 の大半はこのバージニアで撮影されている。

( ジョン・スミスとポカホンタスの関係がいかに脚色されたものであるか、或いは、ジョン・ラルフの実像などについて詳細を知りたい方は是非、「バージニアのポカホンタス」 をお読みくださいね。)

ジェイムスタウン付近の大学の寮にいる次女はハリウッドから撮影隊が来ている時私に知らせて来た。
猫に小判、歴史に興味のない彼女は、試験もあってそれどころではなかっらしく撮影現場を観にも行ってない・・!

さて・・・我がリッチモンドにもロケ隊がやって来ている。

この屋敷については 私の別サイト、「輝け昭和の乙女たちよ」 のアルバムの頁に紹介してるので興味のおありの方は是非ご覧になって欲しい。 (http://showaladies.web.fc2.com/album.htm)

他にも何箇所かでロケを続けたらしいが、 舞台となる1607年当時は英国人たちはバージニアも東海岸沿岸よりそれほど内陸には侵入してないのでやはりこの周辺に撮影は集中しているらしい。

そうしたロケ地のひとつに選ばれたのが、ラッパハナック部族の地、であった。
彼らはバージニアに存命する  -云ってみればポカホンタスの末裔、パウワタン連盟国に所属した- 八部族の一つである。

.......いや, 正確に云えばもうひと部族、マイナーなパタウォメックという部族が現存する。
今でこそマイナーだが、当時同部族はジョン・スミスとポカホンタスと大いに関りあっているのだ。

映画をご覧になった方は、ソウソウ・・・、と思い出されるだろう (か・・・?)
(実は私、物足りなくって一寸コックリししまったのようで、お恥ずかしい事にこのシーン、あまり記憶に残ってない (苦笑)。
白人の赤銅製ヤカンと引き換えにポカホンタスは囚われの身   -定かでないのはこの部分ー  となる。

ポカホンタスが囚われ、軟禁される、 -と云う部分は確かに史実とされている。
が・・・
ヤカンと、というのは映画上だけの話。

本当は・・
先述したパタウォメック族と白人低住民との間に協定が結ばれていた。
ポカホンタスと引き換えに敵族からの攻撃の際に味方になろう、というもの。
ポカホンタスひとりに犠牲になって貰う事で、敵族から襲撃があった場合、自分達が持っているどの武器よりもパワフルな武器で部族全体が救われる・・・、 もはや彼らにとって選択の余地なし、といったところであった。

その後果てしなく全米各地で繰り返されることになる口約束の始まりであった。

ところで、このパタウォメック族の現在の酋長がこの映画にエキストラとして出演しているのをご存知だろうか?
パウワタン大酋長 -ポカホンタスの父ー のアドバイザーの大役をこなした、ロバート・”Two Eagles" グリーン、さんこそ、その人である。同氏は映画制作者たちのアドバイザーをも務めたそうだ。

史実を歪められた映画を、しかもそういう映画に出演することをどう思うか、という質問に、ドキュメンタリー・フィルムなら別だがあくまでもハリウッドの映画なんだから、という製作者側の主張に納得した、と応えているある新聞記事を読んだ。ただし、言語、衣装、メーキャップ、シーンの設定、等などに神経を研ぎ澄ませている製作者側に満足気であった。

映画のエキストラには各々50ドルが支払われた、と聞いた。
バージニア先住民の各部族たちには収益の5パーセントが約束されている、とも。
8部族のうち、僅かふた部族しか連邦政府は先住民として認証していない。

残りの6部族にとって、先住民としての恩恵プログラムを得られるまでの道はまだ続く  -
バージニア先住民は募金を必要としている。

写真、(上) は、ジョン・スミスが有毒のアカエイに刺された、とされるラッパハノック河口にある、スティング・レイ・ポイント。この一件から,そう命名されてます。

写真、(下) は、バージニア州都リッチモンドにある、エイジクロフト。 ニューワールドでは、スミスとポカホンタスが英国で再会するシーンに使用されているそうです。
agecroft.jpg
Copyrights(C) mamsh 2006-2010 All Rights Reserved



一人でも多くの人に知っていただく為にも、クリックお願い!
fc2blogranking.gif

人気blogランキングへ参加してます。クリックお願いします。

ninkibanner.gif


テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

ポカホンタス・パークウェーの不思議

Category : パウワタン
夏も終わりかけている、というのに怪談でもあるまいが・・

数年前に開通したハイウエー、 「ポカホンタス・パークウエー」  に怪しげなことが起きている、という。
本当は怖がり屋の私は、こんな話は書きたくはないのだが、バージニア先住民関係の話題を追う目的で始めたブログ、読んで下さる方へ使命感と責任感 (!?) に燃える私としてはご報告せざるを得ない。

この 「ポカホンタス・パークウエー」 はリッチモンド市の南岸、チェスターフィールド郡と、同市を挟んで東西に位置するヘンライコ郡を結ぶ10キロ足らずのハイウエーである。

もともとこの一帯は、先住民パウワタンの人々の村落があったという。死者を埋葬した塚なども発見されているらしい。

その上に建設されたこのハイウエーを走るトラックの運転手やハイウエー・パトロールの警官などが異様なうめき声を聞いたり、松明を片手にして馬で走り抜ける先住民を見かけたり、と云ったレポートがなされている、とか。

何だか薄気味の悪い話ではあるが、図書館から借りてきて読んでいるバージニア先住民関係の本に書き込まれている悪戯書き    -著者であるインディアン研究の歴史学者を罵倒-   に心痛めている私には、未だ先住民への過去の行為に対し認識も謝罪の念も持たない人たちには 「良い薬」 だという気がする。

参考文献:www.wtvr.com

(写真は  www.pocahontasparkway.com  からお借りしました。)
Copyrights(C) mamsh 2006-2010 All Rights Reserved





一人でも多くの人に知っていただく為にも、クリックお願いします!
fc2blogranking.gif

人気blogランキングへ参加してます。クリックしてくださいね。

ninkibanner.gif


pparkway2.jpg

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

1609年、冬のミステリー

Category : ジェイムスタウン
jbeach2.jpg

ジェイムスタウンに1607年にやって来た英国人たちは1609-1610年にかけての冬は殊更辛い冬であった。

この期間は、「飢餓の時期」と呼ばれ90%の定住民が亡くなっている。
今年日本でも上映された映画、ニューワールド でのシーンでお馴染みだと思う。

自給自足を知らず作物の植え付けを怠ったりした末の飢えと疫病によるもの、とまでは古くから知られた滅亡に瀕した植民地の背景であった。

が、病理学者、フランク・ハンコック博士は他の可能性をうち出している。
ライバル、スペイン政府による砒素毒殺ではないか、と同博士はみている。
当時生き残った人々の描写によると死亡した者達の末期症状は、鉛は水銀による急死の症状と酷似する、という。

またジェイムスタウン発掘している考古学者、ビル・キャルソー博士は、ブラック・マウス(この種のネズミはバージニアには棲息しなかった)が紛れ込んだことで当時欧州に蔓延していた疫病が入り込んだ説をたてている。

と、なればネズミ捕りに使用していた亜ヒ酸が持ち込まれたことも考えられる。

キャルソー博士は発掘した骨から死因を解明調査する予定、とPBSの記者に語っている。
ただし、水銀や砒素などは骨からは発見されない、との事で真相は謎に包まれたままとなりそうだ。

(写真はジェイムスタウン・ビーチ)

参考文献:Secrets ofthe Dead:Death at Jamestown
http://www.pbs.org/wnet/secrets/case_jamestown/clues.html
Copyrights(C) mamsh 2006-2010 All Rights Reserved


一人でも多くの人に知っていただく為にも、クリックお願い!
fc2blogranking.gif

人気blogランキングへ参加してます。押してくださいね。

ninkibanner.gif

テーマ : 不思議な出来事
ジャンル :

ポカホンタスのお墓参り

Category : バージニア先住民
英国、グレーブセンド (どなたか正しい発音の仕方を教えて下さいませんか) セント・ジョージ教会にポカホンタスは眠っている。

***わたさんが お教え下さいました! グレーブズエンド、 だそうです!
         どうも有り難うございました!  
***

因みにこのブログは「バージニア・ポカホンタス」の一部となってるので、ブログにいきなり来られた方はまごつくと思う。ポカホンタスって何の事? と、思われる方は右下のリンク先からホームページに寄って頂くと有難い。

さて、このポカホンタスの墓をバージニア先住民の一行が訪れた。現存している八部落、総勢60名のお墓参りとなった。先月のことである。

バージニア・カンパニーのプロパガンダと寄付金集めが目的で夫のジョン・ラルフや仲間の先住民にポカホンタスが英国に渡航したまま帰らぬ人となってしまった話は当HPで既述のとおり。急逝した彼女は上記の教会墓地に埋葬された。1617年であった。

今回先住民の団体が同地を訪れたのは、ジェイムスタウン400年記念祭の行事の一環としてである。16日の日曜は同教会で礼拝を済ましたという。ポカホンタスの墓前に献花したあと彼らは見学人たちの前でパウワウ (彼らの祭り)のイベントでしか着用しなくなった衣装をまとい伝統的なダンスをしてみせた、と報道されている。

夫の同僚の顔もみえた。寡黙でストイックな彼は夫には近づき難いようで、私としては貴重な先住民とのコンタクトも未だに期待出来ないでいる。

数年前のパウワウでちょっとお話したが、何しろ衣装を身にまといドラムが耳を劈くように響く中での会話。突っ込んだ質問などはひとつも出来なかった。

写真もかなり撮ったのだがあとで先住民の写真は断り無く撮るものではない、と聞いたので記載するのは残念ながら止めたい。折角彼と夫が肩を並べた写真もあるがマナー違反はしたくない。

ところで、このイベントが行われていたのを最近知った。
長女の引越しでテキサスに行っている間だったので、ローカル・ニュースをすっかりミスしてしまったのだ。地方紙のウエブサイトで写真入の記事をみて初めて知ったのである。


17世紀、バージニアの先住民はその人口の90パーセントが英国人による進出の犠牲になったと言われている。400年前のその敵国を訪問し、改宗を余儀なくされたその教会に眠る彼らの大酋長の娘の墓参りをした。八部族の内、唯一の女首長、アン・リチャードさんは、ポカホンタスを安置してくれている同教会と英国民の親切さに感謝した、との事。

1617年に、プロパガンダに巻き込まれ二十歳そこそこ命を失ったでポカホンタス。
そして、来年2007年の400年祭プログラムの一部としての行事に加わったバージニア先住民たち。それで、OK だと思うほど彼らの血には白人(黒人も勿論含めて)の血が混入してしまっている、ということなのか・・・

一人でも多くの人に知っていただく為にも、クリックお願い!
fc2blogranking.gif

Copyrights(C) mamsh 2006-2010 All Rights Reserved


人気blogランキングへ参加してます。押してくださいね。

ninkibanner.gif

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

パウワタンのケープ

Category : パウワタン
powhatan.mantle.jpg

友人の見たというケープ。

ポカホンタスの父、「バージニアの王」パウワタン(ワハンソナコック)の物とレベルを貼られているそうだが、確証は出来ないようである。

鹿皮貝細工を施してあるこのケープは、パウワタン級の大酋長でなくとも各部族首長クラスでも所有出来た、とも見られている。

また、衣服としてよりむしろ神社の壁にかける装飾としてみるむきもあるようだ。祭事用ということかしら・・

ジェイムスタウンのビジターセンターに複製展示されているそうだ。

灯台元暮らし、である。

この件に関してはもう少し詳しく調べてみたいので何か新しいことが判り次第アップデートすることにしよう。

参考文献:アッシュモレアン博物館
http://www.ashmol.ox.ac.uk/ash/exhibitions/exh087.html より写真を拝借
Copyrights(C) mamsh 2006-2010 All Rights Reserved

(ジオログ 「風に吹かれてバージニア」から「「ポカホンタスの故郷にて」より引越し中です。従って内容はコピーしました。)


一人でも多くの人に知っていただく為にも、クリックお願い!
fc2blogranking.gif

人気blogランキングへ参加してます。押してくださいね。

ninkibanner.gif


テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

友人からの便り

Category : パウワタン
英国に住む友人がオックスフォード大学アッシュモレアン博物館にポカホンタスの父、ワホンソナコック (通称、パウワタン)の着用したケープが保存されていると知らせてくれた。

1611-2年にポカホンタスなどバージニア先住民の一行が英国を訪問した際に当時の英国王献上されたものであろうか?

私のジオログはホームページ「バージニアのポカホンタス」から入室された方はご存知、と思いますが、主にバージニア先住民関係の雑文です。

素人ですので、間違いもあるかと思いますが、お気づきの方はどうぞお教えくださいませね。お手柔らかに・・

なお、写真はリッチモンドの近郊、ショートパンプのモールに立つポカホンタスの実父、通称パウワタン (ワハンソナコック)です。

詳細は 当ホームページ、「バージニアのポカホンタス」を。

(この文は 私のジオログ、「風に吹かれてバージニア」のコピーです。ジオログからブログに引越し・・・更に、コメントの不都合によりFC2ブログに移動しつつあります。)


spmall2.jpg





一人でも多くの人に知っていただく為にも、クリックお願い!
fc2blogranking.gif

人気blogランキングへ参加してます。押してくださいね。

ninkibanner.gif



テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

セキュリティー

Category : リッチモンド
週末に近くのモールに散策に出かけた。

私の拙いホームページ、「輝け昭和の乙女たちよ」のアルバムの頁でも紹介してあるがこのショート・パンプ・タウンセンターはアウトサイド(屋外)モールなので真夏や真冬以外はぶらつくのに丁度良い。

モールはブロード・ストリート沿いにあるが、この辺りは20年前は全くの未開発地帯であった。リッチモンド市内から続くこのブロード・ストリートはパーハム・ロードと呼ばれる道路と交差しているがダウンタウンからドライブした人はこのパーハムを超えるといかにも辺鄙な田舎に紛れ込んでしまったという気になった筈である。

この地域はヘンライコ郡というがブロード・ストリートを西方に下るほど土地は高くなり住民たちは 「ウエスト・エンド」に住んでいることを誇りにしている。ところが開発が西へ西へと急ピッチで進むに従いそのステイタスは「ファー(さらに遠方)・ウエスト・エンド」の住民が享受するようになった。

モールはそうしたファー・ウエスト・エンドにある。もう一歩でお隣の郡、グーチランドに届いてしまいそうな所だ。 ブロード・ストリートをそのまま真っ直ぐにドライブして行くとやがてカントリー道路となりブルーリッジの見えるシャーロッツビルにつながる。

今はサンフランシスコに引っ越してしまった友人夫妻はかつてここから左程遠くない地域に地所を持っていた。先見の目がなかった彼らはジワジワと開発が行われていた頃我々の報告を信じず手放してしまった。

25年程前パーハム・ロード沿いのアパートにいた私は知り合った日本人のご家族にサンクス・ギビングの招待を受けた。パーハムを超えてブロードを西下、枝分かれした細い道を道に迷ったのでは、と不安に襲われながらドライブ。森林の中にその辺りでただ一つと思われる新興住宅地を見つけたときはホッとしたものである。

今私たちはその辺りに住んでいる。全くの偶然で、彼らのお宅を捜そうと思っても余りに密集した家屋と新道路と薄れた記憶があいまって見つけられない。
ご親切にして頂いたご家族はKさんといい当時三菱からレイノルズ・メタルというアルミニウム・フォイルの一流メーカーに赴任されていた。
その後ワシントンに私が引っ越した後ご一家は帰国され音信が途絶えてしまった。
このブログをご覧になったら是非ご連絡頂きたいと思う。

ところで、何故モールの事を書いたか、と言うと・・

そのモールで写真を撮っていた時にセキュリティー・ガードが近づいて来て安全の為に写真撮影を遠慮してくれ、と止められてしまったのだ。

今や空港だけではおさまらないらしい。
大都市ならともかく・・
こんな郊外の、土曜だというのに客でひしめき合っているという訳でもないモールで?

抗議もせず渋々カメラをケースにしまったが何かやり切れない想いが残る。
観光客でもない地元の主婦がデジカメ片手にあちこち出歩いては気軽に写真を撮る、それだけの事が難しくなって来たとは!

ヤレヤレ・・
とりあえず撮り直したかった大酋長パウワタンの像だけは何とか収めたから諦めよう・

(ジオログ、風に吹かれてバージニアからこのブログへの移動中です。今のところ全てそちらのコピーです。)
powhatan3.jpg





一人でも多くの人に知っていただく為にも、クリックお願い!
fc2blogranking.gif


テーマ : 初ブログ
ジャンル : 日記

プロフィール

梓の小鳥

Author:梓の小鳥
アメリカ人なら歴史教科書に載ってる人名や地名でお馴染みだと思いますが 授業では多分教えられてない 秘話、裏話、こぼれ話を調べ集めたブログです
✩~✩
放置して早や六年
その間 HPも意志に反して消滅してしまいました
細々ながら再始を決めました。
あらためて宜しくお願いします

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク