スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョージ・ワシントン大統領の誕生日

Category : リッチモンド


下に見えますのは~~ジョージ・ワシントン記念塔・・・
先日リンカーン大統領誕生日にご紹介したリンカーン記念堂からはご覧の様にリフレクション・プールを間に挟んで一直線に並んでます。
エジプトのオベリスクを模したこの記念塔はワシントン・モニュメントとしてお馴染みですね~。

今日はワシントン大統領のバースデー
(1732年2月22日生)

(後ろにチョッと隠れてしまいましたが、国会議事堂、 見えるでしょうか? 
ホワイトハウスはこの左手に、そして・・・右手には

合計16の博物館や美術館の集合体、 スミソニアンがあります。)


gw.monument400.jpg


この写真は拝借してしまいました~。)


これらは全てポトマック河を越えたワシントンDCにあるのですが・・・
河の手前にあるバージニア州はワシントン大統領の生誕の地でありま~~す。



下の写真は観光客でいつも賑わうジョージ・ワシントン邸マウントバーノン
もともとはリトル・ハンティング・クリークという名だったんだそうですよ。
父の死後この農園を相続した (腹違いの) 兄ローレンスは海軍時代に敬慕したバーノン大将の名にあやかってマウント・バーノンと改名してしまったのでした・・・。




mtvernon300.jpg



この写真も拝借したものです~~。)



「アラ~~、最初見たワシントン記念塔、バージニア州内にも~~?!」




pcreek247.jpg



そうなんですよ、 レプリカです。


この記念塔はポープス・クリークというプランテーション跡に建っています。
去年から今年にかけてご紹介したロバート・リー南軍将軍のプランテーション、ストラットフォードの近くにあるんですよ、このポープス・クリーク。 



brosure19.jpg
brosure18.jpg




帰り道に寄ったんです。
・・という事は・・・?
そうなんですよ~~、実際に訪れたのは昨年の秋、10月でした~~。



pcreek248.jpg




ジョージ・ワシントンというとマウントバーノンが有名でこのプランテーションはすっかり陰を潜めてしまってますが実はジョージ・ワシントンが誕生したのはこのポープス・クリークだったんです。



pcreek225.jpg




ビジターセンターだけは開いてました。 ワシントン大統領の生家、急げば未だ開いてるかも、と云われましたがポトマック河から吹き付ける強風がますます気温を下げていく様で耳や鼻がちぎれそうな寒さ。



pcreek221.jpg



それでも折角来たんだから、と元農園の中を歩き続けると・・・



pcreek231.jpg



パークレンジャーが向こうから歩いて来て余り人が来なかったからチョッと早めに閉館した、と言うじゃありませんか。




pcreek243.jpg



「パークレンジャー? パーク・レンジャーって国立公園内で動植物とか訪問者とか公園一般を守る職員さんたちのことを言うんじゃない?」
はい、その通り、ここは国立記念公園、ナショナルパークでございます~。



pcreek237.jpg


一応行ってみて確かめて来ました。
ワシントン大統領生家の土台だけ残っていてそこにはそれを示す標識がご覧の様に立ってました。



その後ろに見える建物は当時の生家を再建してあります。確かに閉まってて見学出来ませんでした~~。



pcreek235.jpg



で・・・何とか室内の写真はないかと捜してみたら・・・
MKさんという方のサイトを探し当てました。
リンクをさせて戴いてしまいました。
「MKさんの旅行記」というサイトです。



* * *


さて、・・・下の写真をご覧下さい。



pcreek4.jpg



これはジョージ・ワシントンが幼年期を過ごした家、フェリー・ファームです。 
プランテーションでしたが今は屋敷は跡形もなくこの記念館のみが残されてました。


こちらにもフェリーファームの事が載ってます。


ワシントン大統領といったら桜の木を切って父に素直に謝ったというお話で有名ですねぇ。 これは事実なんでしょうかぁ?
残念ながらParson Weemsという人によるでっち上げだったそうです。



この桜の木のエピソードはこのフェリーファームが舞台になっているとの事でした。



pamph7.jpg
pamph4.jpg



この建物の裏には畑地が広がり急な坂を下りていくとラパハノック河が流れてました。当時タバコなど収穫物の運搬上プランター達はこぞって川岸に農園を建てた様です。


ジョージ・ワシントンの父はこうして広大なプランテーションを幾つも所有してたんですけど暮らしは決して楽ではなかったとの事です。


ジョージ・ワシントンのご先祖様というのは英国から渡ってきて以来裕福なご令嬢との結婚を続けその度に広大な地所をあちこちに手に入れたようなんですよ。


余談ですが・・・。


ジョージ・ワシントンに関しては何ページにも渡って私のホームページ、「いにしえのバージニアン達」に紹介してますので興味がおありの方はどうぞ一度お立ち寄りくださいね~。



pcreek79.jpg



上の写真はジョージ・ワシントンが母親、メリーの為に建ててあげたお家。
フレドリクスバーグというワシントンDCとリッチモンド市のほぼ真ん中辺りにある街にあり 「メリー・ワシントンの家」 として知られています。
ジョージ・ワシントンは実母に対してとても冷淡だったみたいなんですよ。
何故なのか、私なりにいくつか思い当たるふしもあってホームページに書いてますので宜しければこちらを。



pamph12.jpg



そして、最後の写真はワシントン大統領の妹が住んだ家、ケンモア・プランテーションです。
メリー・ワシントンの家から歩いても行ける距離にあるんですよ。




pcreek74.jpg



pamph8.jpg



フェリーファームメリー・ワシントンの家、そしてケンモアの三軒は二年ほど前の夏に訪問した時の写真です。)


という訳で今日はワシントン大統領のお誕生日にかこつけて同大統領に因んだバージニアの名所のご案内しました~~。
ダラダラとした長文にお付き合い下さってお疲れ様でしたぁ~~!


~~~~~


Copyrights(c)mashhp 2006 All Rights Reserved

写真の無断転用を固くお断りします。




~~~~~




一人でも多くの人に知っていただく為にも、クリックお願い!
fc2blogranking.gif

人気blogランキングへ参加してます。クリックお願いします。

ninkibanner.gif

スポンサーサイト

ハッピー・バースデー、ミスター・プレジデント

Category : 未分類

二月十二日は十六代目大統領リンカーンのお誕生日でした!


lincoln.statue300.jpg


(上は首府ワシントンDCにある有名なリンカーンの坐像ですね。)


lincolnmemorial300.jpg


そしてその像が見られるリンカーン記念館です。(クリックしてみて下さい。ウィキペディアに繋がります。)


さて、舞台は変わって・・・バージニア、しかもリッチモンドへ帰りましょ。


「リンカーン? ケンタッキーの丸太小屋で誕生したんじゃないの?
バージニアとどんな関係が?」

・・・と疑問に思われる方のために先ずこの写真を貼りました。

ご覧下さい。

バージニアどころか当地リッチモンドとのつながりを示す証拠写真です ・・・ (笑)。


lincoln1.jpg



それでも?という方の為に夫に横に座ってもらいました・・・ (笑)

大統領を挟んで右側が夫、当然ですが・・・・。 
そして左はリンカーンの子息、タッド君ですよ。



lincoln160.jpg



リッチモンドに父子で訪問したのは、1865年4月4日、タッド君の12歳の誕生日。



(そして、ストラットフォード・プランテーションくどくしつこくご紹介したリー将軍が北軍に降服したのはさらにその5日前のことでした。)



それを記念して2003年4月に建てられたこの像はアメリカン・シビル・ワー・センターにあります。

南北戦争資料館とでも申しましょうか・・・



lincoln958.jpg



この建物は戦時中、大砲や銃を製造していたトレッドガー製鉄所を改造して造られてます。


「1865年4月3日には南部連邦国の首都リッチモンドが陥落した。9日にはリーが降伏し、南北戦争は事実上終了した。」
ウィキペディアに記載されていますが、落城した日の翌日、タッド君を伴ってリンカーン大統領はリッチモンド市内に姿を現せてます。


何と、首府ワシントンDCに戻りフォード・シアターで凶弾に倒れる僅か10日前の事だったんだそうですよ!



トレッドガー資料館を後にして橋が架かってますがその下には運河が走っています。
運河についてはまたいずれお喋りする事にして、橋を渡ってみましょう・・・




lincoln927.jpg



すると・・・・ジェイムス河が目の前に~~~。



linclon3885.jpg



リンカーン大統領父子は船でこのジェイムス河に着き戦禍を被った市内を視察して回ったそうです。


トレッドガー製鉄所などで労働に就いていた多くの黒人達は1963年に奴隷解放宣言をしたリンカーンを一目見ようと大変な騒ぎだったと言われてます。




lincoln900.jpg



その時の様子がこんな風に表示されてました~~~。



lincoln904.jpg


シルクハットをかぶったリンカーンの姿も見えますねぇ。


lincoln905.jpg




南北戦争中の4000の戦いのうち、過半数の2200がバージニア州内で戦われた、と云われてます。


「風とともに去りぬ」でアトランタの焼け落ちるシーンを覚えてる方もおいでだと思いますけど、この絵でお分かりの様にリッチモンドも焦土と化していきました。




lincoln909.jpg



橋板にはリッチモンドでの奴隷に対するリンカーン大統領によるスピーチが彫りつけられていました。


”You are free - free as air.
You can cast off the name of slave and trample upon it;
it will come to you no more.”




ところで皆さんは映画俳優のトム・ハンクスをご存知ですよね。


そしてトム・ハンクスがリンカーン大統領の実母、ナンシー・ハンクスの末裔だと言う事も~~。


このナンシーさんは当時のバージニア (現在はウエストバージニアになってますが) にお生まれだそうですよ~~。


今日はいかにリンカーン大統領とバージニアとの関係が深いかを私なりに一生懸命にご説明申し上げました~~。


~~~~~


Copyrights(c)mashhp 2006 All Rights Reserved

写真の無断転用を固くお断りします。




~~~~~




一人でも多くの人に知っていただく為にも、クリックお願い!
fc2blogranking.gif

人気blogランキングへ参加してます。クリックお願いします。

ninkibanner.gif

エドガー・アラン・ポーの住んだ街

Category : いにしえのバージニアン達
ボードレールスティーブン・キング、そして江戸川乱歩に強烈な影響を与えたと言われ「大鴉」「黒猫」などの作品で知られるエドガー・ポーはボストン生まれなんですがこのリッチモンドとは因縁が深いんですよ。

eapoe23.jpg

漸く冬らしい寒さとなったリッチモンドですがダウンタウンに用事があったのでエドガー・アラン・ポー博物館へ寄ってみました。

このこじんまりとした石の建物がそれ・・・
ポーの住んでいた家はこれより数ブロック離れたところにあったそうですが現在は残ってはいないそうです。
オールド・ストーン・ハウスと呼ばれるこの建物はギフト・ショップになっていて左側にあるもう一つ部屋には家族の肖像がやポーの妹が弾いたとされるハープシコードなどが飾られてありました。

チケットもこのギフトショップで売られています。
ガイド付き6ドル・・・抜きで5ドル。 
入ろうかどうか迷ってしまいました。
だって、この博物館、実は過去に一度見学した事があるんですもの。
内部の写真を撮ってなかったので、 「展示品の撮影、フラッシュ使用しなければ大丈夫?」 と訊いてみました。 

案の定、駄目・・・それじゃぁ時間の無駄、と仕方なく帰りかけると・・・
「庭園の写真だけなら見学料なしでも撮って構わないわよ」、
と言ってくれたではありませんか~~。 
途端に笑顔になってしまった私は早速裏庭に通じるドアを開けてみましたよ・・・

eapoe88.jpg


そこには中庭があり・・・

eapoe05.jpg

そしてその真ん中には二段構えの噴水もあって二匹のリスが追いかけっこをしてました。
(シャッターは切り損ないましたが・・。)

芝が青々として写真をみるだけだと真冬であることを忘れてしまいそうですねぇ。(訪れた1月の初めはまだ暖冬でしたから。)

ストーンハウスの真向かいには長細い中庭を挟んで神殿?が建ってますよ。

eapoe11.jpg

中にはポーの胸像が・・・

ポーらしく打ちひしがれた様な表情をして納まってました。

eapoe08.jpg

eapoe21.jpg
(振り返って見たオールドストーンハウス)

中庭をコの字型に囲むように建つ四軒の建物が博物館となってます。

写真撮影の禁じられてる館内にはポーの所持品や机、ベッド・・・

自筆の作品なども展示されております。

eapoe93.jpg

ポーがどんな風にリッチモンドと関わっていたのか少しだけ触れておきましょう・・・

eapoe13.jpg

両親は役者だったそうですが父親は早く蒸発してしまい旅役者の母親に連れられて流れ着いたのがこのリッチモンドでした。

(なぁんて知ったかぶりをしてますがウィキペディアや前回ポー博物館を見学して得たインスタント知識です。)

その母も過労から肺炎に罹ってエドガーが三歳にならない前に亡くなってしまい引き取られたのがアラン家でした。
 エドガー・ポーからエドガー・アラン・ポーになったのはこの為なんですね。


guide011.jpg 養父、ジョン・アランはタバコを扱う豪商でポーが少年の頃仕事の関係でイギリスに家族を連れて行きました。
 ポーはこうして7歳から11歳まで英国生活を経験しています。

帰国後のポー、年に自身の博物館となるとも知らずこの建物、オールド・ストーン・ハウスの前を通って学校に通ったとか。
 このオールド・ストーン・ハウス、1735年に建てられたリッチモンドに残る最古の建物なんだそうです。 

そして17才になったポーは・・・

任期終了後バージニア州モンテチェロに引退したジェファーソン大統領が創立に努め総長となった大学として知られているバージニア大学に ( 開校されたばかりの1826年に) ポーは進学します。

当時のままポーの部屋が残されてますよ。こちらに写真が・・・。

guide012.jpg
法律を学ばせようとした養父と物書きを志していたポーとは対立する事も多く、
 授業料以外には最小限しか仕送りを受け取れなかったポーは友人や知人に借金をして歩きその額は当時の金額で2500ドルにも達したとか・・・。

それでウエストポイントの陸軍士官学校に入るんですけどここでも校則を破って退学処分を受けたりしてます。

その間、詩集を発表したりしてますが評価されず生活は困窮するばかり。
1835年にリッチモンドの、「南部文芸通信」 という雑誌の編集長の口があり同市に戻ってきました。
ところが二年後には早くも免職。 経営者との対立が原因だったそうです。

その後、結婚、妻の死亡、別の女性との婚約などを経験しますが、その間ニューヨークやフィラデルフィアなどを転々としています。

そして・・・・・・

eapoe97.jpg


紆余曲折の人生を送った後ボルティモアで・・・悪く言うと野垂れ死にの様な形で世を去ってます。
1849年の事でした。
直接の死因は不明ですが、発作性飲酒狂、癲癇、ポルフィリン症、飲酒による脱水症状、アル中による幻覚や震え、渇酒症、低血糖、狂犬病、心臓病、糖尿病、そして殺人などが憶測されてるそうです。

ポーの生涯はこちらをお読みくださいね。
ウィキペディアに繋がりますよ。

またこちらのサイトにも紹介されてます。
ポーの一生は波乱万丈だった様です。
今回はリッチモンドで送った人生の一部、それも超特急でのご案内でした~。


・・・・という訳でハイウェーがダウンタウンから郊外に帰宅する車で渋滞しない前に、と急いで家路についた私でした

~~~~~

Copyrights(c)mashhp 2006 All Rights Reserved

写真の無断転用を固くお断りします。


~~~~~

一人でも多くの人に知っていただく為にも、クリックお願い! fc2blogranking.gif
人気blogランキングへ参加してます。クリックお願いします。 ninkibanner.gif

ストラットフォード・ホール - 南軍将軍の生家 (2)

Category : いにしえのバージニアン達
暮にご紹介したプランテーション、ストラットフォード・ホール、まだ続きがありました~~~。

初めての方に先ず全景から・・・

stratford34.jpg

ところで先回このプランテーションは南軍の名将、ロバート・りーの生家だとお話しましたね。
そのリー将軍のことに関してdonguriさんからコメントを戴きました。
お邪魔してみてとても嬉しくなりました。よくお調べなんでお勉強になりました。なんせ私、南北戦争の事をよく知らない人なので・・・。
皆さんもご興味がおありになったらこちらから訪問なさってみてくださいね。
relee36.jpg

プランテーションではキッチンは上の写真の様に母屋の外にあります。
防火の為もありますが冷房のない時代、調理場を別棟にすることで夏期の暑さを避けたんですねぇ。

その調理場ではこの日コロニアル時代のチョコレート作りを実演してました。

relee53.jpg

キッチンの内部です。

stratford55.jpg


奴隷の住まい。

stratford65.jpg

奴隷と一口に云っても色々な役割に分かれていて母屋で家事をする奴隷達は野良仕事する奴隷達より優遇されてこんな家を与えてられたようです。

relee76.jpg

優遇されてた奴隷の中にはスキルを持った職工もいました。

relee88.jpg

プランテーションは自給自足の生活ですから家屋や家具、道具、衣服全て英国に調達する以外は奴隷達の手に委ねられていたのでタバコ栽培で野良仕事をする奴隷の他にも煉瓦や釘などを作ったり機織の職工などが必要だったわけですね。

stratford128.jpg

上下の写真はギフトショップです。

relee133.jpg

プランテーションのギフトショップは何処でも同じようなものしかなくて・・・この日も何も買わなかったんですよ~。

以上でストラットフォード・ホールのご紹介はお仕舞いです。お付き合い、有難うございました!

・・・と思いきや

まだありました・・・

夢にも思ってなかった展示品が・・・!

・・・がそれについてはまたいずれ~~。

~~~~~

Copyrights(c)mashhp 2006 All Rights Reserved

写真の無断転用を固くお断りします。


~~~~~

一人でも多くの人に知っていただく為にも、クリックお願い! fc2blogranking.gif
人気blogランキングへ参加してます。クリックお願いします。 ninkibanner.gif

チャタムのフィッツヒュー 。。。2

Category : いにしえのバージニアン達
先日の続きです・・・

chatham2.jpg

(C) mamsh.


これが正門です。何だかうらぶれた侘しい感じがしません?

広大な1280エーカー (1エーカー=約4,047平方メートル) あったと云われる敷地をそぞろ歩いてみながら、1805年に発生したといわれる奴隷の叛乱事件を思い起していました。

ラッパハナック河がこんなによく見渡せる丘陵にあるプランテーションで、逃亡は奴隷にとって至難の業だったろうなぁ・・・。
しかも監視役を鞭で滅多打ちしてからの逃亡なんて、切羽詰った絶望的な命がけの決意だったに違いありませんよね。

いにしえのバージニアン達のワシントンの項で書きましたが、未亡人となったマーサが遺書に残された指示に従わず、彼女の生前中にワシントン家の奴隷を開放してしまったのは、このチャタム・マナーでの奴隷による暴動事件を聞いて慄いたからだ、とも伝えられています。


chatham51.jpg


(C) mamsh.


門から飛び石が正面玄関に続いて両端は庭園になってます。

chatham52.jpg

(C) mamsh.


屋敷の裏庭です。この右側は緩やかな芝生が石作りの要塞で囲まれるようになっていて・・・・・・・・・・

chatham4.jpg

(C) mamsh.


中央には、大砲が設置されてます。


chatham5.jpg

(C) mamsh.


その向こうは急勾配の野原や林がありずっと下にラッパハナックの黒い河が見え隠れしていました。おそらくその昔は畑地になっていて奴隷達が汗水流して野良仕事をしていたんじゃぁないでしょうか・・・。

chatham.50.jpg

(C) mamsh.


遠方に教会の塔が見えますね。何年に建ったか知りませんが、1800年頃既に建造されていたとしたら、どんな想いで奴隷達はそれを眺めた事だろ・・・

さて、ウィリアム・フィッツヒューはジョージ・ワシントン大統領と親戚関係です。 フィッツヒューの娘、メリー・リーがワシントンの養孫、ジョージ・ワシントン・パーク・カスティス (妻の連れ子の長男) と結婚してるんですね~。

バージニア州アーリントン墓地にあるアーリントン・ハウスは実はこの二人の新居だったんです。 この故ケネディー大統領夫妻の眠る国立墓地はもともとカスティスさんの地所だったんですよ~。

そして、二人の間に生まれた四女の内のひとりが南軍の将軍、ロバート・リーと結ばれてます。

ただのお屋敷という事ではなかったんですね~。

現在同邸は5室だけ見学者に開放されているそうです。見学時間外だったため内部は見て回れませんでしたけど、邸内には彼らの肖像画がかかってるそうですよ。 惜しかった!

なお、同屋敷、或いは家主、ウィリアム・フィッツヒューについてお知りになりたい方は、どうぞ私の
HP、こちら
をクリックしてみて下さいね。 肖像画も少し見られますヨ。

Copyrights(C) mamsh 2006-2010 All Rights Reserved
(写真の無断転用は固くお断りします)




一人でも多くの人に知っていただく為にも、クリックお願い!
fc2blogranking.gif

人気blogランキングへ参加してます。クリックお願いします。

ninkibanner.gif


プロフィール

梓の小鳥

Author:梓の小鳥
別名: Azky

バージニアとその先住民やいにしえの人々の事を綴ってます。


管理人のブログ
『ジェイムス河畔の街にて』

はバージニア紹介ブログです。 

コメント、ご意見、ご感想は其方へお願いします♪



そしてHP,

「バージニアのポカホンタス」 

「いにしえのバージニアン達」
 にもどうぞお立ち寄りくださいね ♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。