スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガレオン船

Category : いにしえのバージニア
2007年に行われたジェイムスタウン400年記念



日本メキシコ交流400周年記念式典が千葉の
御宿 (おんじゅく) で皇太子殿下を迎えて 26日に開催された
というニュースが同級生から伝わって来ました。


時事ドットコムの記事から抜粋させて頂くと:

『1609年9月、現在のメキシコからフィリピンに
派遣されていた総督の一行が乗った「サン・フランシスコ号」
が帰国途中、 御宿の沖で遭難。総督の一行を当時の
住民が懸命に救助したことが、両国の交流のきっかけとなった』








それで思い出したのは 当地バージニア州の
ジェイムスタウンで二年前に開催された400年記念行事。

開催中 私も覗いてみてます、  ネタにも、 してます 
こちら) が、 英国人が北米初の恒久植民地を
このジェイムスタウンに開いた年が1607年でした。

一方 スペインは その頃までには とっくに 植民地化していた
フィリピンと 占領していたメキシコ間の太平洋航路を 
往復を繰り返していたようですね。

これを在日宣教師 (多分 ポルトガル) から耳にした徳川家康、 
スペイン総督に書状を送り メキシコとの交易への関心を表したたとか。

ところが その返事の来ない内に 臨時総督を乗せたスペインの
交易船が 房総の御宿に漂着した、 ということらしいです。

難破して帰る船を失くした一行に 家康は船を一艘 提供。
その造船に携わったのは なんと・・・三浦按針! (英名: William Adams)

20年ほど前に アメリカのテレビのミニ・シリーズとして 大ヒットした
ドラマ、 『Shogun』 に出て来る 『アンジンさん』  (リチャード・チェンバレン)
のモデルになった方が 関係してたとは 驚きました。

アンジンさんこと Adams さんは 豊後の臼杵に漂着した
オランダ船に乗っていた 造船の知識ある 英国生まれの航海士
だった、 ということです。  (詳しくは こちら )


ところで・・・失敗に終わったとはいえ、
ジェイムスタウンより 早く 英国人が渡来したのが
前回 ご紹介の ロアノーク島。  その島の ヒストリカル・
パークに帆船 (今年 5月に見学した記事は こちら
エリザベス2号  が一般公開されてます。






1555.jpg




御宿の沖で難破した帆船は300人以上を乗せていたといいます。
英国のは もっと小型で小回りがきき、 スピードも出たそうです。

1580年代に ロアノーク島を含む 現在のノースカロライナ州にある
アウター・バンクスへ渡航した数々の帆船 ( はその一隻のレプリカ、
エリザベス2号)  にしても、 

1607年に バージニア州のジェイムスタウンに辿り着いた 
ゴッド・スピード、 スーザン・コンスタント、   ディスカバリー ↓ 
各号にしても   (冒頭の写真も、 その三隻です)



2007年に行われた400年記念




大航海時代には こんなガレオン船が大海を行き来していたのですね。



2007年に行われたジェイムスタウン400年記念


2007年に行われたジェイムスタウン400年記念


2007年に行われたジェイムスタウン400年記念



漂流したスペイン人たちを御宿の漁民が救命して400年。

それを記念するイベントのニュースに つられて
今日は ガレオン船を テーマにしてみました。。。

お報せ下さった Y く~ん、 どうも有難う 



スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

失われた植民地 ~ ロアノーク島

Category : 史跡
nc1747.jpg



サー・ウォルター・ローリー、 というと

映画 『エリザベス・ゴールデン・エイジ』 をご覧になった方は

あぁ、 と思い出される事でしょうが

女王の寵愛を受けた、 とされるローリーは

エリザベスに下付され  処女女王に因んでバージニア と名付けた 

新世界の地 (現在のノースカロライナ州) へ 

1687年 ジョン・ホワイト総督率いる二度目の入植者を送っています。







roanokeislandMap.jpg




入植地 ロアノーク島では 種まき時期を過ぎていて

冬季食糧が危ぶんだ ホワイト総督は 殖民117人を現地に

残したまま 食糧・物資調達目的でいったん 英国へ戻りました。




nc1857.jpg




しかし 無敵スペインと戦闘中であったため 出航が許されず・・・

漸く 1690年になって 再び ロアノークの地に引き帰った ローリーの 

目に映ったのは 消え失せてしまった 住民たちの

残した 定住地の跡のみでした。




nc1859.jpg



nc1895.jpg



nc1748.jpg



以来 この地は Lost Colony (失われた植民地)、

と呼ばれてます。   ウィキペディア に記載されてる

記事は → こちら です。 


なお 別ブログに レプリカの船の模様や写真を アップしてあります。
宜しかったら どうぞ ♪  こちら ← です。




テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

プロフィール

梓の小鳥

Author:梓の小鳥
別名: Azky

バージニアとその先住民やいにしえの人々の事を綴ってます。


管理人のブログ
『ジェイムス河畔の街にて』

はバージニア紹介ブログです。 

コメント、ご意見、ご感想は其方へお願いします♪



そしてHP,

「バージニアのポカホンタス」 

「いにしえのバージニアン達」
 にもどうぞお立ち寄りくださいね ♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。