忘れられたバージニアの先住民 ---②

Category : バージニア先住民

チカホミニー部族


連邦政府から先住民族であることの承認を受けると
教育施設、 医療や住宅、 福祉的な援助が受けられる事になるわけ
ですが、 それでは 何故 バージニア先住民の場合
認証問題がこれほど難航してるのでしょうか。

それは 当州先住民たちには 先住民である事を証明する記録
が欠如しているからなのです。 初めから存在しなかったわけではなく
人為的に 破壊されてるのです。 それを行ったのは
ウォルター・アッシュビー・プレッカーという外科医でした。

優生学を提唱し 白人至上主義に傾倒するこの人物、 開局された
ばかりのバージニア人口動態統計局の初代記録係として1912年 に
任命を受けましたが、 1924年になって 『白人』 と『有色』 の
二つの人種だけを承認する "The Racial Integrity Act"  法が
州議会で可決されると、 憑かれたようにある業務に熱中し出しました。

『有色人種』 と分類される事を避けようと 黒人たちは 自分達を
先住民であると名乗ろうとするだろう、 と考えたのでした。

「それを事前に防ぐには 先住民たちの方を事前に 『有色』 と
して位置づけてしてしまえば良い。」 

それは 先住民が先住民であることの剥奪から始まる、
とばかり 彼らのアイデンティティを記録から抹消してしまったのです。

バージニアの先住民たちは 1990年前後から 連邦承認を目指して
辛抱強く 承認申請を繰り返してますが、 それには 先住民で
あることを実証する1900年以降の 記録が必要だというわけなのです。

ひとりの 白人至上主義者、 ウォルター・アッシュビー・プレッカー
によって バージニア先住民の運命が一変してしまいました。

ひとりの人物の過ちのため 数多くの先住民が苦悩し続けることになった
のです。  不公平ですよねぇ、 全く。。。





テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

梓の小鳥

Author:梓の小鳥
アメリカ人なら歴史教科書に載ってる人名や地名でお馴染みだと思いますが 授業では多分教えられてない 秘話、裏話、こぼれ話を調べ集めたブログです
✩~✩
放置して早や六年
その間 HPも意志に反して消滅してしまいました
細々ながら再始を決めました。
あらためて宜しくお願いします

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク