リッチモンド市の和解記念碑

Category : バージニアの黒人達の場合


triangle5340res.jpg

英国のリバプールといえば ビートルズのメンバー生誕の地
として知られているが
かつて奴隷貿易が行われた地であることを知ってる人は
多くないのでは。。。

アフリカのベナンと リバプール市、 そしてアメリカのリッチモンド市は
18世紀 奴隷貿易トライアングルと呼ばれた三地点だった


slavetradetriable1475556434485res.jpg
👆 写真は こちら から拝借しました 👆


triangle5342res.jpg


ベナンから積荷として運搬!されて来た人たちは 
リッチモンドで降ろされた後 競売にかけられ 
奴隷として各地へ売られて行った

当市は 南北戦争前の30年間 最大の奴隷供給市場であった

タバコ栽培が衰退して行くと 不要になった奴隷たちは
深南部の砂糖・綿を生産する大農園へと転売されて行ったのも
リッチモンドの埠頭からであったという

こうした奴隷たちは1854年は月間10万人にまで達し
1859年までに50万人を超えた


triangle5346res.jpg


2007年になり 奴隷貿易のルートであった三都市に
和解記念碑が設立された

奴隷制廃止の記念碑である




テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

筆不精だったシドニー・リー /六年ぶりに当ブログを再開

Category : いにしえのバージニアン達
sydneysmithlee51A92vWD3eL.jpg

シドニー・スミス・リーの画像は こちら から拝借



数週間前のこと・・
朝日だったか読売だったかのネット新聞で 
ふと黒船来航(だったと思う)のヘッドラインを見かけた

こちら

咄嗟にシドニー・スミス・リーのことを想い出し
グーグル検索をしてみた

以前よりずっと情報が増えている!

新たに知ったのは
シドニーが無類の筆不精だったことだ

安否を気遣う母、 アン・カーター・リーや
弟のロバート・リーの促しの手紙による要請にも殆ど応えなかったようだ

若し 彼がロバート・リーのように筆まめであったら
当時の様子、 黒船、 航海中、 上陸時の模様・・等々
資料となる筆記が沢山残していただろうに~~ 

惜しいものだ~!


sydneyLee1.jpg
画像は このサイ から拝借しました


グーグル検索中 
日本語版でも 「シドニー・スミス・リー>」 を探したら
この・・ 昔運営してた自ブログ、 「ポカホンタスの里」 がヒットした!

「ジェイムス河の畔・・」 などは断捨離の勢いで
最近になって閉めたのだが
こちらの方は頭からスッポリ抜けていたのだ

改めて ざっと目を通すと
下手くそで幼稚な文章や構成、 お粗末な内容に赤面してしまう

一方で・・
10年も前には地方史を調べてみる探求心 (好奇心?) 
があったこと、 それをまとめておこう、 とする意欲があったこと
などに我ながら 感心してしまった 

閉鎖してしまおう、 という気持ちはありながら
当時の努力とひたむきさを自賛、尊重?する意味で
未練がましくはあるが 残しておくことにした

が これまで通りの野ざらし状態では哀し過ぎる

当時から不人気のブログではあったものの
健全?な形で残しておきたい

それには・・
たまにであっても書き続けること!

そこで 6年ぶりの地味な復活となったというわけだ

ちなみに・・
ロバート・リーやシドニー等 関連記事は

こちら です (他頁にもありますが)


テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

六年ぶり

Category : 未分類
ご無沙汰いたしました

少しずつまた続けて行こうかな、 と思い始めております

どうなりますやら・・

のんびりとした 相変わらずの下手な文章のブログですが

またどうぞ宜しくお願いいたします

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

梓の小鳥

Author:梓の小鳥
アメリカ人なら歴史教科書に載ってる人名や地名でお馴染みだと思いますが 授業では多分教えられてない 秘話、裏話、こぼれ話を調べ集めたブログです
✩~✩
放置して早や六年
その間 HPも意志に反して消滅してしまいました
細々ながら再始を決めました。
あらためて宜しくお願いします

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク