ロバート・リー銅像撤去をめぐって

Category : いにしえのバージニア

ROBERTELEESTATUE1res.jpg

( こちら のサイトより拝借しました)
(収納してある中から 筆者が撮影して写真が見つかり次第 差し替えます)

🐎

七日の新聞サイトの或る見出し、
シャーロッツヴィルでケー・ケー・ケーによる
大会が行われる、 というニュースに 思わず目を疑った

同市はバージニア州にある田園都市だ

トーマス・ジェファーソン大統領が創設した名門の州立大学、
University of Virginia のある大学町で
女優のシシー・スペイセクや、 離婚前のベン・アフレック夫妻、
ベストセラー作家、ジョン・グリシャム・・・
など文化人たちも住む風光明媚な地でもある

バージニア州は南部という土地柄 保守派が多かったのだが
ワシントンDCに1時間という近さもあって 
比較的リベラルな住民が多いと聞いていた

読んでみて、 「何故この街で?」 
という最初のクエスチョン・マークに答えた出た

市内にあるロバート・E・リー銅像が取り外されることになった
それに反対するグループの集会だという

今でも南部では南軍旗を掲げたり強い拘りを示す人たちがいる

リー像はそうした人たちの象徴、 南部プライドなのであろう

が リーは、 というと
元々バージニアが連邦より脱退しないことを望んでいた人物

それが現実となった際は苦悶したと伝えられている

結果、 バージニアに対する郷土愛から南部を選びはしたが、
かならずしも 同将軍の支持者は
リーの実像や心理を理解してるようには思えない

むしろ見当違いにみえるし 自分たちの都合の良いように
リーの銅像撤去というイベントを利用して
自己主張してるかのようにみえるのだ



・・ 投稿しようと考えてるところへ 今朝のCNNが
この件のニュースをアップデートしていた

英文ですが こちら です

それによると・・
集会にはケー・ケー・ケーの集団は支援者を含めて50人

が 反対する人たちの数が上回ってが
なんと数百名もいたとのことだった

さもありなん。。。

(七月九日 記)


テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

七月四日 - 独立記念日

Category : いにしえのバージニアン達
G7056.jpg
(ジェファーソン邸 - モンティチェロ)


この日 建国の父と呼ばれた独立革命に貢献した
リーダー達の最後のふたりが亡くなった

奇しくも独立宣言の五十周年記念日であった

ひとりは第二代大統領 ジョン・アダムズ

そしてもうひとりは当地バージニア出身の
トーマス・ジェファーソン、 第三代大統領だ

このふたりは互いに革命を目指す同士、
強い友情で結ばれていたのだが
次第に政策など考え方のギャップが増し対立するようになり
長年 疎遠になっていた

晩年になり ふたりは再び手紙での交信を始めるが
これを取り持ったのは アダムズ夫人とも言われている

ジョン・アダムズが息を引き取る際
「Thomas Jefferson still survives」
と言ったといわれる

・・ が当のジェファーソンはその5時間前に
モンティチェロの私邸で亡くなっていた

1826年、 7月4日の事であった


テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 海外情報

プロフィール

梓の小鳥

Author:梓の小鳥
アメリカ人なら歴史教科書に載ってる人名や地名でお馴染みだと思いますが 授業では多分教えられてない 秘話、裏話、こぼれ話を調べ集めたブログです
✩~✩
放置して早や六年
その間 HPも意志に反して消滅してしまいました
細々ながら再始を決めました。
あらためて宜しくお願いします

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク