スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セキュリティー

Category : リッチモンド
週末に近くのモールに散策に出かけた。

私の拙いホームページ、「輝け昭和の乙女たちよ」のアルバムの頁でも紹介してあるがこのショート・パンプ・タウンセンターはアウトサイド(屋外)モールなので真夏や真冬以外はぶらつくのに丁度良い。

モールはブロード・ストリート沿いにあるが、この辺りは20年前は全くの未開発地帯であった。リッチモンド市内から続くこのブロード・ストリートはパーハム・ロードと呼ばれる道路と交差しているがダウンタウンからドライブした人はこのパーハムを超えるといかにも辺鄙な田舎に紛れ込んでしまったという気になった筈である。

この地域はヘンライコ郡というがブロード・ストリートを西方に下るほど土地は高くなり住民たちは 「ウエスト・エンド」に住んでいることを誇りにしている。ところが開発が西へ西へと急ピッチで進むに従いそのステイタスは「ファー(さらに遠方)・ウエスト・エンド」の住民が享受するようになった。

モールはそうしたファー・ウエスト・エンドにある。もう一歩でお隣の郡、グーチランドに届いてしまいそうな所だ。 ブロード・ストリートをそのまま真っ直ぐにドライブして行くとやがてカントリー道路となりブルーリッジの見えるシャーロッツビルにつながる。

今はサンフランシスコに引っ越してしまった友人夫妻はかつてここから左程遠くない地域に地所を持っていた。先見の目がなかった彼らはジワジワと開発が行われていた頃我々の報告を信じず手放してしまった。

25年程前パーハム・ロード沿いのアパートにいた私は知り合った日本人のご家族にサンクス・ギビングの招待を受けた。パーハムを超えてブロードを西下、枝分かれした細い道を道に迷ったのでは、と不安に襲われながらドライブ。森林の中にその辺りでただ一つと思われる新興住宅地を見つけたときはホッとしたものである。

今私たちはその辺りに住んでいる。全くの偶然で、彼らのお宅を捜そうと思っても余りに密集した家屋と新道路と薄れた記憶があいまって見つけられない。
ご親切にして頂いたご家族はKさんといい当時三菱からレイノルズ・メタルというアルミニウム・フォイルの一流メーカーに赴任されていた。
その後ワシントンに私が引っ越した後ご一家は帰国され音信が途絶えてしまった。
このブログをご覧になったら是非ご連絡頂きたいと思う。

ところで、何故モールの事を書いたか、と言うと・・

そのモールで写真を撮っていた時にセキュリティー・ガードが近づいて来て安全の為に写真撮影を遠慮してくれ、と止められてしまったのだ。

今や空港だけではおさまらないらしい。
大都市ならともかく・・
こんな郊外の、土曜だというのに客でひしめき合っているという訳でもないモールで?

抗議もせず渋々カメラをケースにしまったが何かやり切れない想いが残る。
観光客でもない地元の主婦がデジカメ片手にあちこち出歩いては気軽に写真を撮る、それだけの事が難しくなって来たとは!

ヤレヤレ・・
とりあえず撮り直したかった大酋長パウワタンの像だけは何とか収めたから諦めよう・

(ジオログ、風に吹かれてバージニアからこのブログへの移動中です。今のところ全てそちらのコピーです。)
powhatan3.jpg





一人でも多くの人に知っていただく為にも、クリックお願い!
fc2blogranking.gif


テーマ : 初ブログ
ジャンル : 日記

Comment

非公開コメント

プロフィール

梓の小鳥

Author:梓の小鳥
別名: Azky

バージニアとその先住民やいにしえの人々の事を綴ってます。


管理人のブログ
『ジェイムス河畔の街にて』

はバージニア紹介ブログです。 

コメント、ご意見、ご感想は其方へお願いします♪



そしてHP,

「バージニアのポカホンタス」 

「いにしえのバージニアン達」
 にもどうぞお立ち寄りくださいね ♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。