スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポカホンタスの洗礼

Category : ポカホンタス
pocahont0542.jpg



ワシントンの合衆国議事堂内、 ロタンダに飾られてる絵画の中に
洗礼を受けている ポカホンタスがありました。

洗礼を受けた時期として 結婚前と後、 歴史学者の中でも
ふたつに意見が分かれる様です。

そして洗礼が行われた場所も。  私は ポカホンタスが拉致されてから 
軟禁?され 絵の中に描かれてるウィティッカー牧師によって徐々に
クリスチャンに仕上げられた (英国入植者たちのバージニアにおける第二の
定住地)、 ヘンライカス説を信じてますが、それだと この絵にある教会は
円柱らしきものもあって少々立派過ぎる気がするのです。 
 
とすると矢張り 初めの定住地、 ジェイムスタウンということになるのかしら?

ジョン・チャップマンによってこの絵が完成したのは1840年。

当時は ジェイムスタウン説が定着してたのでしょうか?


☆☆☆


ポカホンタスの右側の男性が ジョン・ロルフ。
ディズニー・アニメで ジョン・スミスだと思い込んでしまってる方には
失望させてスミマセン 




pocahontas0542.jpg



絵の右側に 先住民たちの姿も描かれてますが
見るにしのびない、 という風に背を向けてるのは ポカホンタスの
兄、 Nantequaus。  しゃがみ込んでしまってるは 叔父の
Opechankanough です。  ふたりとも ポカホンタスの父で 大酋長の
が亡くなった後 植民地人に積極的な抵抗を示す、 先住民達にとっては
いわば勇士、 といえる人物たちです。




pocahon0542.jpg



テーマ : 歴史上の人物
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

梓の小鳥

Author:梓の小鳥
別名: Azky

バージニアとその先住民やいにしえの人々の事を綴ってます。


管理人のブログ
『ジェイムス河畔の街にて』

はバージニア紹介ブログです。 

コメント、ご意見、ご感想は其方へお願いします♪



そしてHP,

「バージニアのポカホンタス」 

「いにしえのバージニアン達」
 にもどうぞお立ち寄りくださいね ♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。