ジョージ・ワシントン大統領の誕生日

Category : リッチモンド


下に見えますのは~~ジョージ・ワシントン記念塔・・・
先日リンカーン大統領誕生日にご紹介したリンカーン記念堂からはご覧の様にリフレクション・プールを間に挟んで一直線に並んでます。
エジプトのオベリスクを模したこの記念塔はワシントン・モニュメントとしてお馴染みですね~。

今日はワシントン大統領のバースデー
(1732年2月22日生)

(後ろにチョッと隠れてしまいましたが、国会議事堂、 見えるでしょうか? 
ホワイトハウスはこの左手に、そして・・・右手には

合計16の博物館や美術館の集合体、 スミソニアンがあります。)


gw.monument400.jpg


この写真は拝借してしまいました~。)


これらは全てポトマック河を越えたワシントンDCにあるのですが・・・
河の手前にあるバージニア州はワシントン大統領の生誕の地でありま~~す。



下の写真は観光客でいつも賑わうジョージ・ワシントン邸マウントバーノン
もともとはリトル・ハンティング・クリークという名だったんだそうですよ。
父の死後この農園を相続した (腹違いの) 兄ローレンスは海軍時代に敬慕したバーノン大将の名にあやかってマウント・バーノンと改名してしまったのでした・・・。




mtvernon300.jpg



この写真も拝借したものです~~。)



「アラ~~、最初見たワシントン記念塔、バージニア州内にも~~?!」




pcreek247.jpg



そうなんですよ、 レプリカです。


この記念塔はポープス・クリークというプランテーション跡に建っています。
去年から今年にかけてご紹介したロバート・リー南軍将軍のプランテーション、ストラットフォードの近くにあるんですよ、このポープス・クリーク。 



brosure19.jpg
brosure18.jpg




帰り道に寄ったんです。
・・という事は・・・?
そうなんですよ~~、実際に訪れたのは昨年の秋、10月でした~~。



pcreek248.jpg




ジョージ・ワシントンというとマウントバーノンが有名でこのプランテーションはすっかり陰を潜めてしまってますが実はジョージ・ワシントンが誕生したのはこのポープス・クリークだったんです。



pcreek225.jpg




ビジターセンターだけは開いてました。 ワシントン大統領の生家、急げば未だ開いてるかも、と云われましたがポトマック河から吹き付ける強風がますます気温を下げていく様で耳や鼻がちぎれそうな寒さ。



pcreek221.jpg



それでも折角来たんだから、と元農園の中を歩き続けると・・・



pcreek231.jpg



パークレンジャーが向こうから歩いて来て余り人が来なかったからチョッと早めに閉館した、と言うじゃありませんか。




pcreek243.jpg



「パークレンジャー? パーク・レンジャーって国立公園内で動植物とか訪問者とか公園一般を守る職員さんたちのことを言うんじゃない?」
はい、その通り、ここは国立記念公園、ナショナルパークでございます~。



pcreek237.jpg


一応行ってみて確かめて来ました。
ワシントン大統領生家の土台だけ残っていてそこにはそれを示す標識がご覧の様に立ってました。



その後ろに見える建物は当時の生家を再建してあります。確かに閉まってて見学出来ませんでした~~。



pcreek235.jpg



で・・・何とか室内の写真はないかと捜してみたら・・・
MKさんという方のサイトを探し当てました。
リンクをさせて戴いてしまいました。
「MKさんの旅行記」というサイトです。



* * *


さて、・・・下の写真をご覧下さい。



pcreek4.jpg



これはジョージ・ワシントンが幼年期を過ごした家、フェリー・ファームです。 
プランテーションでしたが今は屋敷は跡形もなくこの記念館のみが残されてました。


こちらにもフェリーファームの事が載ってます。


ワシントン大統領といったら桜の木を切って父に素直に謝ったというお話で有名ですねぇ。 これは事実なんでしょうかぁ?
残念ながらParson Weemsという人によるでっち上げだったそうです。



この桜の木のエピソードはこのフェリーファームが舞台になっているとの事でした。



pamph7.jpg
pamph4.jpg



この建物の裏には畑地が広がり急な坂を下りていくとラパハノック河が流れてました。当時タバコなど収穫物の運搬上プランター達はこぞって川岸に農園を建てた様です。


ジョージ・ワシントンの父はこうして広大なプランテーションを幾つも所有してたんですけど暮らしは決して楽ではなかったとの事です。


ジョージ・ワシントンのご先祖様というのは英国から渡ってきて以来裕福なご令嬢との結婚を続けその度に広大な地所をあちこちに手に入れたようなんですよ。


余談ですが・・・。


ジョージ・ワシントンに関しては何ページにも渡って私のホームページ、「いにしえのバージニアン達」に紹介してますので興味がおありの方はどうぞ一度お立ち寄りくださいね~。



pcreek79.jpg



上の写真はジョージ・ワシントンが母親、メリーの為に建ててあげたお家。
フレドリクスバーグというワシントンDCとリッチモンド市のほぼ真ん中辺りにある街にあり 「メリー・ワシントンの家」 として知られています。
ジョージ・ワシントンは実母に対してとても冷淡だったみたいなんですよ。
何故なのか、私なりにいくつか思い当たるふしもあってホームページに書いてますので宜しければこちらを。



pamph12.jpg



そして、最後の写真はワシントン大統領の妹が住んだ家、ケンモア・プランテーションです。
メリー・ワシントンの家から歩いても行ける距離にあるんですよ。




pcreek74.jpg



pamph8.jpg



フェリーファームメリー・ワシントンの家、そしてケンモアの三軒は二年ほど前の夏に訪問した時の写真です。)


という訳で今日はワシントン大統領のお誕生日にかこつけて同大統領に因んだバージニアの名所のご案内しました~~。
ダラダラとした長文にお付き合い下さってお疲れ様でしたぁ~~!


~~~~~


Copyrights(c)mashhp 2006 All Rights Reserved

写真の無断転用を固くお断りします。




~~~~~




一人でも多くの人に知っていただく為にも、クリックお願い!
fc2blogranking.gif

人気blogランキングへ参加してます。クリックお願いします。

ninkibanner.gif

Comment

非公開コメント

プロフィール

梓の小鳥

Author:梓の小鳥
アメリカ人なら歴史教科書に載ってる人名や地名でお馴染みだと思いますが 授業では多分教えられてない 秘話、裏話、こぼれ話を調べ集めたブログです
✩~✩
放置して早や六年
その間 HPも意志に反して消滅してしまいました
細々ながら再始を決めました。
あらためて宜しくお願いします

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク