スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幌馬車

Category : リッチモンド


歴史博物館でこんなのも見かけました


↓ 幌馬車。   皆さん何を連想なさいます?



vahs6883.jpg



私? 昔テレビで放映してた 『大草原のちいさな家』~!
(またYoutubeから拝借。 真ん中の白い部分  ↓ をクリックしてみてね)






主人公のローラさん (右端に立ってる女の子 ↓ ) が誕生したのは1867年 
(慶応3年)、坂本竜馬暗殺の年だそうです!



laura_ingalls_wilder.jpg



(写真はウエブサイトから拝借しました)



ドラマのイントロに写る幌馬車は 『コネストガ・ワゴン』 と呼ばれ
1725年 (享保10年) 頃から使われだしたらしいです。 




180px-Covered_wagon_at_the_High_Desert_Museum_Outside.jpg



初めは鉄道が敷かれるまでの重要な貨物運搬用として、 
そして後になって西部開拓に引っ越していく人々の足になってたんですって。 



運送バス?としてこの幌馬車が走っていた頃の速度は一日僅か25キロ~!



何家族を一度に運搬したのかはですが
4~6頭の馬が引ける全重量は907kgが限界だったとか。



運賃は1820年代 (文政3年) で45kg毎、 160km毎に1ドル。
当時の1ドルってどのくらい価値があったんでしょうね~



180px-Covered_wagon.jpg
 



引越し荷物は最小限にしないといけませんよね。



皆さんなだったらどんなものを?   当時の人たちの荷の中身は・・・

農耕機具、 修理道具、 鍋釜や台所必需品、 
小麦粉、 豆類、 ドライフルーツ等の干物、 裁縫道具に衣類・・・etc





Little_House_Michael_Landon.jpg



↑ 頃迄には家族単位で移動可能なくらい小型になってたみたいですね
『大草原・・・』 ではひと家族で引越ししたみたいだったし~。

小型幌馬車一台に納まる位の荷物に減らすって容易じゃあないです~






(冒頭の写真以外はウエブサイトからお借りしました。)






Comment

大草原の小さな家、のローラは実在の人だったのですね。NHKのテレビでずっと見てました。幌馬車か、西部劇が大好きでよく見ました。開拓時代の象徴ですね幌馬車は。今はあまり西部劇の映画は無いですね。たまにあってもかなりリアルな映画でほのぼのとした西部劇は無いのが寂しいです。シェーンや、ジョンウエンの駅馬車、黄色いリボン、懐かしいなあ。
梓の小鳥さん、ブログいっぱい持ってますね。忙しいでしょう。

nanbuyaさんへ

こちらにもコメント頂いてどんなに嬉しいか知れません!
どうも有難うございます、 nanbuyaさん ♪
このブログは月に一度くらいの更新なので・・・。
ジェイムス河の方もしまってある写真を再利用!してるし、 大雑把な日記を公開してるようなものなので時間的には縛られないんです。 
nanbuyaさんの様に丁寧にコメントくださる方には申し訳ないくらいなんですよ。

ローラが実存したとか、 幌馬車は実は当時の人や荷物運搬に欠かせないものだった (西部劇もあまり見てなかったので) とか耳にすると直ぐ浮き立ってしまうんです。 
で・・・ブログに載せて他の人にも知って欲しくなる!
病気でしょうか~? (苦笑)

そうそう・・
シェーンは素晴らしい映画でしたよね~♪

あ~なんとなんとここで「大草原の小さな家」に出会えるとは!懐かしい(涙)
モナカさんのおかげで、なんだかパワーがみなぎって参りましたv-91疲れた疲れたとぼやいてないで、こうしてブログにおじゃますれば楽しい世界が広がっているではありませんか!
ありがとうございますv-10感謝v-137
あぁ~うれしいv-238

懐かしい~ マイケル ランドさん?でしたかね。
確か癌で亡くなられましたよね。
大好きでした。^^

こんばんわ!

こちらにもすばらしいブログが!!!
モナカさん 記事ありがとうございます!

なつかしい~
大草原の小さな家すきでした。
特にお父さんがすきでした~。
実在してたんですね!
しりませんでした!

慶応3年にローラが生まれていたなんて。
びっくり!!です。


ち~さんへ

こちらにいらして下さったんですね!
なんて嬉しい~♪
大草原を見てらしたんですか?
私もこのビデオを見て本当に懐かしくなってしまったひとりなんですよ。
良かったわぁ、 喜んでいただけて!
こちらこそどうも有難う、 ち~さん ♪

ふみさんへ ♪

マイケルランドン、 そうなんですよね
驚きましたね、 亡くなったと知った時。
ふみさんもファンだったなんて・・
嬉しくなってしまいました!

ほんにゃんさんへ ♪

こちらのブログは月に一度くらいの更新なんですよ~(苦笑)
いらして下さったなんて本当に感激!
有難うございます、 ほんにゃんんさん!

懐かしがって下さってとっても嬉しくなりました!

申し訳ありません!!!

もうひとりコメント頂いてたんですが、 途中にいやがらせコメントが入っていてそれを削除するのに誤って大切なお友達のコメントを消してしまったのです!v-435

自分でもドジを承知してる私ですがこんな間違いをしでかすなんて自己嫌悪に陥ります!v-11

本当に申し訳ありません、 折角コメント下さったのに読みもしない内に消してしまうなんて。。。e-351

100パーセントのミステークですのでどうぞお許しください。 決して二度と同じ間違いは繰り返しませんのでどうぞまたコメントくださいませね~v-421v-356
非公開コメント

プロフィール

梓の小鳥

Author:梓の小鳥
別名: Azky

バージニアとその先住民やいにしえの人々の事を綴ってます。


管理人のブログ
『ジェイムス河畔の街にて』

はバージニア紹介ブログです。 

コメント、ご意見、ご感想は其方へお願いします♪



そしてHP,

「バージニアのポカホンタス」 

「いにしえのバージニアン達」
 にもどうぞお立ち寄りくださいね ♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。