スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1609年、冬のミステリー

Category : ジェイムスタウン
jbeach2.jpg

ジェイムスタウンに1607年にやって来た英国人たちは1609-1610年にかけての冬は殊更辛い冬であった。

この期間は、「飢餓の時期」と呼ばれ90%の定住民が亡くなっている。
今年日本でも上映された映画、ニューワールド でのシーンでお馴染みだと思う。

自給自足を知らず作物の植え付けを怠ったりした末の飢えと疫病によるもの、とまでは古くから知られた滅亡に瀕した植民地の背景であった。

が、病理学者、フランク・ハンコック博士は他の可能性をうち出している。
ライバル、スペイン政府による砒素毒殺ではないか、と同博士はみている。
当時生き残った人々の描写によると死亡した者達の末期症状は、鉛は水銀による急死の症状と酷似する、という。

またジェイムスタウン発掘している考古学者、ビル・キャルソー博士は、ブラック・マウス(この種のネズミはバージニアには棲息しなかった)が紛れ込んだことで当時欧州に蔓延していた疫病が入り込んだ説をたてている。

と、なればネズミ捕りに使用していた亜ヒ酸が持ち込まれたことも考えられる。

キャルソー博士は発掘した骨から死因を解明調査する予定、とPBSの記者に語っている。
ただし、水銀や砒素などは骨からは発見されない、との事で真相は謎に包まれたままとなりそうだ。

(写真はジェイムスタウン・ビーチ)

参考文献:Secrets ofthe Dead:Death at Jamestown
http://www.pbs.org/wnet/secrets/case_jamestown/clues.html
Copyrights(C) mamsh 2006-2010 All Rights Reserved


一人でも多くの人に知っていただく為にも、クリックお願い!
fc2blogranking.gif

人気blogランキングへ参加してます。押してくださいね。

ninkibanner.gif

テーマ : 不思議な出来事
ジャンル :

Comment

ジェイムスタウン

春のキャンパスに遊びに来たgoobearです。今日はポカホンタス見せてもらいました。そしたら、ジェイムスタウンが…嬉しい!
私も、留学する前に友人がニューポートニューズにいる時旅行できました。その時つれて行って貰いました。でも、英語もそんなに上手ではないので、入り口の所での映画とかみても、判らずじまい、でも、こちらでいろいろ教えてもらえてよかったです。
写真も私より沢山とってらっしゃるので、いろいろ見れて良かったです。

goobearさん、ようこそ~☆

こちらにもいらして下さってとっても嬉しいデス~♪

ジェイムスタウンにいらしてのは去年ですか?
400周年記念祭がありましたよね~♪
私も行ってみたんですよ。
その時のことも書き留めてブログに残してますので写真だけでも見て下さいね~。 文は下手ですので・・・。v-398 
外してしまった写真もありますが・・・v-393

ブログをなさってらっしゃるようですね。
もしよろしければURLを残して行って下さいますか?
是非goobearさんのところへも寄らせて戴きたいので・・・v-421
非公開コメント

プロフィール

梓の小鳥

Author:梓の小鳥
別名: Azky

バージニアとその先住民やいにしえの人々の事を綴ってます。


管理人のブログ
『ジェイムス河畔の街にて』

はバージニア紹介ブログです。 

コメント、ご意見、ご感想は其方へお願いします♪



そしてHP,

「バージニアのポカホンタス」 

「いにしえのバージニアン達」
 にもどうぞお立ち寄りくださいね ♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。